女友達/一覧

忘れたくない人のことを書いておこうと思います。


カテゴリ


[PR]



2009年01月15日(Thu)▲ページの先頭へ
やっぱりいいなあ
2008年11月7日、トレンディ、中山さん。

前回から9日ぶり。やっぱり中山さんはいいなあ。

ちょっと二の腕が太ったか? でも、肌がきれいだから許そう。胸の形も、ツンと上を向いて、眺めてよし、触ってよしだ。

あまりしゃべらないが、実はそういう子の方が自分は気が楽だ。おしゃべりな子は、結構地雷を踏んでくれることがあるからだ。


2009年01月12日(Mon)▲ページの先頭へ
少しは運動をした方が
2008年10月29日、Pretty Girl、みずきさん。

またしても33日ぶり。というあたりの経緯については「約1ヵ月ぶり」(2008/10/30)に書いた。

今回は、会うのが楽しみだった。というのは、前回7月15日に会った時に、酒とタバコをやめて、しかもコアリズムを始めたと言っていたからだ。これについては「酒とタバコをやめたらしい」(2008/12/29)に書いた。

あれから約3ヵ月。毎日、とはいわないけれど、サボリつつも続いていれば、結構変わったのではないかと思う。というのは、僕も8月からジムに行くようになって、せいぜい週に1〜2回という程度なのだが、3ヵ月ほど経ったら、胸に肉がつき、お腹が引き締まってきた……という状態だったからだ。

僕の年齢で、週に1〜2回でこれだけ変わるのなら、もっと若いみずきちゃんが、もし週に2〜3回ぐらい続けていたら、相当に変わっているのではないか……

結論をいうと、これは裏切られた。彼女のお腹は、明らかに以前よりも出ていた。そして、僕と以前コアリズムの話をしたことなど、覚えていないのだろう。「私、今度ダイエットはじめたの」ときた。

ダイエットは、何をやるかじゃない、どれだけ続けるかだ。これじゃあなあ。

まっ、いつにもまして感じてくれたから、それでよしとするか。(どんどん濡れてくるので、本当に感じているんだと思う)


2009年01月10日(Sat)▲ページの先頭へ
北原さんサイコー
2008年9月26日、トレンディ、北原さん。

7月は6回もソープランドに行き、貯金が増えないどころが目減りしていることに気づいて焦って8月は自粛に努めた経緯は、以前書いた。

愕然(2008/08/06)
我慢の月(2008/08/21)

その後、57日間の禁欲の後、北原さんに会ったことも一度書いた。

約2ヵ月ぶり!(2008/09/27)

この時は2回したが、2回とも彼女が上。僕は、バリエーションの中で相手に上になってもらうことはあるが、女性が上だとまずイかない。相手が思うように動いてくれないし、自分がコントロールするのは無理があるから。

ところが、北原さんだといとも簡単にイってしまう。うまい、というのもあるが、彼女の道具が絶品なんだと思う。もうホント、入れただけでイっちゃいそうになるもの。


2009年01月09日(Fri)▲ページの先頭へ
やっぱり中山さん
2008年7月31日、トレンディ、中山さん。

中山さんは、4回目かな。今月はいろいろな人と当たって、それぞれにいい人だったけど、やっぱり中山さんはいいな。胸は大きくて形がよくて柔らかいし。肌は白いし。無駄な話はしないし、どこをどう触っても、どんな体位も嫌がらないし。

堪能した……(2008/03/10)
堪能した その2(2008/05/06)
セクシーなドレス(2008/06/16)
中山さん3回目(2008/08/10)


2009年01月06日(Tue)▲ページの先頭へ
入らない!
2008年7月24日、東京夢物語、浅野さん。

顔を見た瞬間、しまった! と思った。

この子につくのは、たぶん、3回目。毎回、二度と指名はすまいと思うのだが、名前を忘れてしまう。写真や身体のサイズで見る限りは、ものすごく好みなんだな。その上、写真と実物の乖離が激しいから……前回のことを忘れ、うっかりまた指名してしまった、というわけ。

悪い子だというわけではない。実際、スタイルは悪くないし、サービスもいい。ただ、入らないのだ。僕のが大きいせいか、彼女のが小さいせいかわからないが、入らないのだ。入れようとすると、ものすごく痛がる。それでも、せっかくのお客様だから入れないわけにはいかないと、涙をためながら必死に耐えている顔を見ていると、萎えてしまうのだ。

なんとか無理やり入れても、とても奥までは入らないし、腰の動かし方にもかなりの制約ができる。当然、こちらは気持いいとはいえない。先っちょを入れただけでヨシとして、あとは手や口でしてもらってお茶を濁すのがこれまでのパターンだった。

今回は相変わらず痛がるのを見て、それ以上する気も起きず、適当に身体を触ったり舐めたりして終わり。

他の人もみんな痛がるでしょ、あなた大きいから、と言われるが、痛がられたことはなくはないが、素人も含めて、入らなかったことはない。仮にもプロだったら、訓練して対応できるように考えろといいたい。さもなきゃ、ごめんなさい他の子に代わってもらっていい? と正直に言うとか。

もっとも、うまくいかないにも関わらずまた指名をするので、結果的にお気に入りだと思われているのかなあ。向こうも、別の人を指名してくれればいいのに……なんて思ってたりして。


2009年01月03日(Sat)▲ページの先頭へ
太ももムチムチ、色気たっぷり
2008年7月17日、東京夢物語、広沢さん。

「広沢さん」につくのは初めてだが、この人とはもっと何度もついている……はず。

2003年ごろ、Miss & Mr.(通称ミスミス)という店があって、そこにいた一条さんだと思うのだ。あの頃、一条さん目当てでミスミスに何度か通ったが、彼女がいなくなって足が遠のき、店も今はない。

ある時、ドリームグループの店の写真を見ていて、「あれっ、この顔は一条さんじゃあ……」と思った。が、ちょっと躊躇があって、そのままになっているうちに何年も経ってしまった。

ミスミスの一条さんは、サービスは悪くなかったが、胸がぺったんこだった。乳首は大きめだが、胸を揉む楽しさはない。ところが東京夢物語の紹介欄にはCカップと書いてあるから、もしかしたら顔が似ているだけの別人なのか? という気持ちと、豊胸したのか? という気持ちとが揺れていたからだ。

前者ならわざわざ指名する意味は全然ないし、後者だと、見た目はいいが触った感触が好きではないから、いずれにしても指名する価値があるか疑問に思ったわけ。あれから何年も経って、その分年もとっているのだし、そうでなくても次々と可愛い子が入店してきて、試したい相手に事欠かなかったから、後回しになっていたのだが、ようやく今日、行く気になった。

で、会った瞬間、本人だと確信した。服を脱がせたら胸は依然としてぺったんこ。Cカップというのは誇大広告だな(笑)。でもよかった。

彼女のいいところは、キスがしつこいところ。僕もキスが好きで、キスを避ける子(最近は少ないが)は二度と指名しない。普通は相手はしてくれるが、なかなか熱意をもって応えてくれる人は少ないのが正直なところだ。が、彼女はこの僕がもういいよといいたくなるくらい、キスし続ける。

どこを触っても、どんな体位も基本的に嫌がらない(アナルを除く)。感じるとすごく大きな声を出す。「すごいですぅ」「大きいですぅ」と、よくしゃべる。本当に感じていたらあんなにはっきりとしゃべれないだろうから、演技だろうと思っているが、褒めてくれるのは悪い気分じゃない。

それに、お尻から太もものあたりのラインがとても色っぽく、とてもいやらしいのだ。とにかくソソられるし、何度でもしたくなる子である。


2008年12月29日(Mon)▲ページの先頭へ
酒とタバコをやめたらしい
少し前の話に戻るけど、記録を続ける。7月15日、Pretty Girl、みずきさん。

前についた時に、息が酒臭く、裸が商売なのにちょっとゆるんでいるんじゃないのかなあと厭な気がしたため、しばらく避けていたが、しばらくぶりに指名。2007年5月以降はすべて記録をつけているので、少なくともそれ以前――1年2ヵ月以上空いたことになる。

今日はさすがに酒臭くはなく、いつも通りだった。休憩の時もタバコを吸わない。聞くと、思うところあって酒とタバコをやめたという。その上、杉本彩の、例の「コアリズム」を始めたそうだ。

それはいいことだ。みずきちゃんは性格はいいし、顔もかわいい。ただ、自堕落な生活が肌に如実に出ていて、それがもったいないと常々思っていた。垂れた胸は今さら元には戻らないとしても、お腹がもう少し引き締まれば、まだまだ1ランクも2ランクも上がると思う。

特にコアリズムは基本的にお腹を締めるものだと思うので、彼女にぴったりあっている。毎日じゃなくても、週に2回とかでもいいんじゃないか、がんばって3ヵ月続けてみよう、杉本彩よりずっと若いんだから、今からやれば杉本彩になれるぞ、と励ました。次に会う時を楽しみにしよう。


2008年12月23日(Tue)▲ページの先頭へ
お金の遣い方
そういえばもう一か月以上もソープに行っていないなー、と思ったら、またムラムラ。いや、先日カノジョと会って、やっぱり自分のことを好きだと言ってくれて自分もかわいいなと思える女とするのが一番楽しい。ということを再確認した。

それはそうなのだが、しかし、それとは別に、ソコソコ若くてそれなりにスタイルがよくて人並み以上にキレイな女の子ともたまにはイタしたい、と思う気持ちもあるわけで。

で、たまには行こうかなとここまで考えたが、もろもろのことを勘案し、今回は中止にした。その代わりに、本を4冊買ってきた。

費用からすれば、ソープ一回の1/10くらいのもの。とはいえ、我慢するたびにいちいち散財していたら、もたない。散在しても、結局は行きたくなるのだし。


2008年12月17日(Wed)▲ページの先頭へ
しばらくぶりの再会
12月6日、カノジョのMとしばらくぶりに会う。

一年くらい前、会いたいと連絡を取った時、「悩んでいる」「会いたくない」と返事があった。じゃあ、こちらからの連絡は控えるから、会える状況になったら連絡してね、と伝えたのだが、以来、一年近く連絡なし。正直なところ、こちらは未練たっぷりだったが、婚外恋愛は、終わる時は絶対にしつこくしてはいけない、と思うので、こらえていた。

そんな矢先に話がある、と言われて応じたのだが、てっきり別れ話だと思った。

でも、別れ話なら、何もわざわざ会わなくても、そのまま連絡をしなければいい話だ。しかし、それなりに長い付き合いだから、きちんと話をしようということなのか。ただ、前回も、嫌いになったとか、他に好きな人ができたとかではなく、「悩んでいる」だったのだ。そういう単純な話ではないんじゃないか。けれども、ダンナにバレそうだとか、子供の顔を見ていたらやっぱりこういうことはしてはいけないんじゃないかとか……ということもある。理由はどうあれ、付き合いが続けられないことに変わりはない。

普通、女と会う前の日にオナニーなんかしないのだが、どのみちいい話ではないと思い込んでおり、彼女の顔を思い浮かべていたら催してしまった。

さて、どういう話だったかというと、「あなたへの気持を押さえられない」というものでした。だから会うのをやめようかとも思ったのだけど、耐えられないと。

一応、ワタシも少し考えました。嬉しいことには違いないが、しょせん、ダブル不倫。この恋愛は成就しない。たまに会うだけで満足できるならいいが、深入りのし過ぎは禁物。会うのをやめようと思った、という、一年前の彼女の判断は正しい。

改めて終りにしよう、とこちらから切り出す道もあった。そうすべきだったかも知れない。

結論を述べれば、そのままホテルに連れ込んで、イタしてしまったのだが。

彼女が柄にもなく、「あなたに抱かれたかった……」なんて言うもんで、そのたびに下半身はムクムクとスタンダップ。結局、3時間で3回。よくやるなー。


2008年10月30日(Thu)▲ページの先頭へ
約1ヵ月ぶり
29日、プリティガール、みずきさん。

33日ぶりに行った。

前回2ヵ月空いたことで、ちょっとテンションが下がってきたというか、そうそう悲壮な決意で我慢しなくても、1ヵ月くらいはしないでいられるなあ、という感じ。

今日はちょっと仕事が早く終わりそうだったため、前回からひとつき経ったしいいんじゃないかな、と思って店に電話。中村さんか中山さんがいればそれで、と思ったが、割と毎日のように入っているはずの彼女らが揃って休み。別の人の名前を出したがその人も休み。

悔しいので別の店に電話するも、ダメ。結局、3店にかけて5人の子の名前を出したが、すべてお休みだった。

もともと、どうしてもいきたい、というほどではなかったから、これは今日はやめとけという神様の思し召しか、とも思ったが、ここまできたら行きたい、というか行かずば収まらない、と気持ちが高揚してきて、さらにもう一軒。ようやくつかまえたのがみずき。

こう書くと仕方なく指名したみたいで、みずきちゃんに失礼だが、別に彼女が悪いわけじゃない。ここ一年半くらいの間に関係した相手は40人以上いて、そのうち大半の人は二度としたくなくて、それ以外の人も、たまにはいいけどそう何度もしたい相手ではなくて、名前を覚えていてまた、と思う相手はそう何人もいるわけじゃない。彼女はその何人かの中には入っているのだ。

彼女のいいところは、きちんきちんと出勤してきて、つかまえやすいところだな。それが取り柄だというと怒られるかも知れないけど、商売をする者として、これは大切なことだ。


2008年10月15日(Wed)▲ページの先頭へ
AVを借りて
13日、「親子崩壊」「女子○学生体罰教室」を借りてきた。朝から断続的に見て、寝るまでに5回。さすがに14日は寝坊してしまった。面倒だったので会社を休み、昼間から2回。

AVにおいて、高校生(18歳以下)の出演はいろいろと差しさわりがあるため、女子高生の主演ものでも、女子高生と謳わずに「女子校生」と記すのがならわしになっている。

「女子○学生体罰教室」もその流れで伏字になったのかと思ったけど、よく考えると高校生だと○に入る文字がない。中学生だともっとまずいだろう。大学生、ということもあるが、内容を見る限りではあの制服姿と授業内容は大学生ではない。

出演している女優さんは、高校生というには老けた顔つきの人が多かったような気がするけど、それは、まあ……


2008年09月27日(Sat)▲ページの先頭へ
約2ヵ月ぶり!
トレンディ(吉原)、北原さん。

57日ぶりに行った。

外出して、割と早い時間に終わったため、本来なら会社に戻るところなのだろうが、金曜だし急ぎの用事はないしで、サボることにした。といってまっすぐ帰る気はしないので、ソープ。月末処理も一区切りついたし、復活のいいタイミングだ。

こういう時、どの店に行くか(誰を指名するか)は難しい。何人かの名前が浮かんだが、とりあえずダメもとで北原さんを問い合わせてみた(出勤日がまちまちで、そもそも出勤日が少なく、ドタキャンも多いからつかまえるのが難しい)。なんと、今日の5時から出勤だという。ラッキー!

良かった。一回目はソーニューした途端にドピュっとイッてしまった。しばらくぶりの生身の女、というのもあるけど、やっぱりいいんだよな。


2008年09月22日(Mon)▲ページの先頭へ
スタイルはいいんだから
7/10、ニューグランド(新宿)、明日香さん。

ニューグランドは、写真指名の際、身体のサイズが書いていないし、写真も顔のアップがほとんどなので、スタイルがわからない。そこは一種の賭けになる。

明日香さんはその点はよかった。年齢はちょっとまあまあ。ま、十分射程圏内。で、スタイルがいい。これは当たりと単純に喜んだ。

風呂場で身体を洗ってくれる時に、こちらから触ろうとして触らせてくれる子と避ける子がいる。基本的にはこちらが触るところではないのだろうが、ちょっとくらいは相手になってくれてもいいんじゃないかと思う。明日香さんはダメなようだ。

触らせてくれないなら、せめて鑑賞しようと眺めていたら、「じろじろ見るのねー」と、冗談ぽいしゃべり方ではあるが、厭がる素振りが垣間見れる。女の裸を見るところじゃないのか、ここは。

ベッドでは、さあ心ゆくまで触るぞと思ったが、挿入後、ぎゅーっと抱きしめてきて、お互いの胸を密着させたまま隙間を作ってくれない。つまり、触れない。

キスも、軽く唇に触れるだけ。ディープなのはなし。

出すものは出したけど、触れ合いというものがなく、非常に残念だった。スタイルはいいんだから、触らせろ。


2008年09月02日(Tue)▲ページの先頭へ
新しい月
先週は、これまでの記録(ソープへ行かない記録、過去最長25日!)を破ったことだし、いっちゃおーかなー、とここまで思ったのだが、ここまできたんだから、とぐっと我慢。ついに月間ゼロを達成した。

1日はさーいくぞーと思って、土日はオナニーも控えていたのだけど、無理していかなくてもいいんじゃないかという気がしてきて、いくのをやめた。その代わりAVは見た。だから明日も行かれない。

月末はいろいろしんどいことが多く、だから我慢ができなかった。厳しい月末処理も終わって、今は割と晴れ晴れとしている。だからだろうな。

日曜日の夜、昔付き合っていた女からメールがきた、というのも一因かも。


2008年08月26日(Tue)▲ページの先頭へ
自己嫌悪
いろいろと自己嫌悪に陥ることがある。自己嫌悪に陥ると、女を抱きたくなる。

自分が「いい女」と思える相手といいセックスができればそれなりに気分は高揚するが、風俗ではなかなか本当の意味で満足することは難しい。大概は却って自己嫌悪が深くなったりする。

そうは思うけれども、それでもやりたいものはやりたいので、今日はもうソープに行ってしまおうか、という気持ちと、今月は行かないと決めたのだから、あと一週間頑張ってそれを守れば、いくばくかの達成感が得られるのでは、という気持ちがせめぎ合っている。

こんなことを真面目に悩んでいる自分に、ますます自己嫌悪。


2008年08月24日(Sun)▲ページの先頭へ
我慢の月 その3
8月は家族旅行と車検があって、なけなしのボーナスがそれで消えてしまったため、遊びは少し控えないとなあという気持ちになったのだが、7月はかなり派手に遊んだ。

ソープに6回も行って、これで15万チョイ。これは現金で払った分だが、飲みにもよく行った。飲みに行くとだいたいカードで払うから感覚がないのがよくないのだが、9月支払予定分が飲み代とタクシー代だけで16万円もあったのだ。それ以外にもカードを使うから、実際に引き落とされる額は……

明日は給料日で、8月はよく控えたなと思うが、振り込まれたものも、数日で大部分がなくなってしまう。だからあと一ヵ月、このレベルを続けないと赤字決済が止まらない。今月はカードで飲んだのは2〜3万だから、10月の引き落としは少ない。さらにもう一ヵ月、自粛を続けてようやくいくらかのお金が貯まるのだ。

でも、あと2ヵ月もと思うと気持ちが折れるから、もう少し楽をして、我慢をしているわけじゃないというように気持ちを持っていかないと。


2008年08月22日(Fri)▲ページの先頭へ
我慢の月 その2
昨日「我慢の月」でソープ通い自粛していると書いたが、以前、「お金がない」(2007/07/02)でも書いたように、飲み代も結構なものがかかっている。

ボトルの入っている店が、新宿に2件、六本木に1件、銀座に1件ある。中には1万円チョイで済む店もあるが(それでも1万円かかるのだが)、銀座なんかだと2万円は下らないし、ボトルでも入れれば軽くその倍。だいたい終電には間に合わず、タクシー代が1万数千円……などということが月に何度もあれば、お金がなくなるのは当然。

本当はこちらも自粛しないといけないのだが、それは考えないようにしている。あまり規制が多いと厭になって、ストレスがたまるからだ。だから、ルールとしては別に決めていないよと思っている。

しかし、今のところ今月はこれらの店には行っていない。やはり、敢えて行かなくてもという気が起きるのも事実だが、別の楽しみを見つけたというのもある。

自宅の最寄り駅は、私鉄の、急行も止まらない鄙びたところ。駅の周辺には居酒屋が数件あるくらいで目を引くところはない、と思っていたのだが、先月ふらりと立ち寄ったスナックがとても気に入ってしまったのだ。30代と思しきママさんは話が面白いし、もう一人いる20代の女の子はめっちゃかわいい。

スナックだから、隣に座ってくれるわけではなく、カウンター席でも込み合えばほとんど話はできない。それでもちょっと手が空けば話し相手になってくれるし、たまに隣に座ってくれたりもする。そんな店だから金額だって知れたもので、せいぜい4000〜5000円といったところ。

なにもわざわざ遠回りして、銀座だの六本木だのに寄ってこなくてもいいかな……という気になっているわけである。

もっとも、帰り道なのでついつい回数が増える。タクシーで5分で帰れると思うから、行けば閉店までいることになる。混んでいても午前2時にピタっと閉店するのが救いだが、おかげで翌朝起きられない。お金より健康面でこのままだとマズイ。


2008年08月21日(Thu)▲ページの先頭へ
我慢の月
8月6日に「愕然」で「貯金ができていない」と書いたが、その後の調査で「貯金が減っている」ことに気づき、しばし呆然となった。

というわけで、今月はソープランドへ行くのを自粛している。

その間に、書き漏らしていた人のことをこうして書いているわけだが、これは結構つらい。思い出すと行きたくなるからだ。

きちんとメモをとるようになったのは昨年の5月からだが、それ以降でいうと、一回も行かなかった月というのはなく、一番間があいたのは25日である。今月一か月我慢できれば、結構すごいんじゃないかと思う。


2008年08月18日(Mon)▲ページの先頭へ
懐かしの太田さん
2008/7/3、トレンディ、太田さん。

太田さんは最近は出勤日が少なくなっていて、入っても20時までらしいので、なかなか会えない。が、たまたまその日はシフトに入っていることがわかったため、久しぶりに指名。いやもう、本当に久しぶり。過去3回は覚えがあるから、少なくとも4回目だけど、もしかしたらもう1回くらいついているかも。

率直に言って顔はまあまあ。胸はCくらい(昔はDあったと思うけど)。年齢は、初めて会った時に27と言っていたから、今は……30をちょい過ぎたところ。

彼女のいいところは、まずキスが積極的。僕は、ここを読んでいる人は(そんな人いるのか?)おわかりいただけると思うが、キスをでぃぃぃぷにやらせてくれる子でないと、すごく物足りなく感じる。彼女は、僕の方が「もういいよ」と思うくらい、熱心にキスをする。

どこを触ってもいやがらないし、むしろ積極的に触りやすいように動いてくれる。どんな体位もいやがらない。一度、ストッキングを穿いたままやらせてもらったことがある。もちろん、破ってコトを遂げるわけである。かようにサービス精神旺盛で、他のソープ嬢さんはぜひとも見習っていただきたいくらいである。

それから、どういうわけだか、すごくそそる。この「そそる」というのは自分でもよくわからない。ここがこうだから、という明確な理由はないのだが、彼女を抱きしめていると、何度でもできるような気がする。実は、生まれてこの方、一度だけ「抜かずの二発」を体験したことがあるのだが、その相手は太田さん。この時はすごく喜んでくれた。

まあ、そうした全体としてのサービスのよさ、フレンドリーさがわが愚息にもいい影響を与えているのだろう。どんなに美人でスタイル抜群の子でも、「まだイかないの? 時間なくなるよ」なんて言われた日には、カクッとなっちゃうもんね。


感じのいい人
2008/6/25、Club-X、奈々さん。

フリーの割引は今月一杯なので、またClub-Xに。

営業を再開してから新たに女の子も増えているはずで、ホームページやE-mailで盛んに「新人入店!」とやっている。そういう子に当たりたいと思うのだが、フリーだと誰に当たるかはわからない。とはいえ、これで今月3回目なのだから、一回くらいは、と期待したが、奈々さんも昔からいる子。

昔のClub-Xも何度かきているし、営業停止期間中は大半の子はVIP ROOMへ移ったため、以前から在籍している子は名前や写真を何度も見ていて新鮮味がない。好みのタイプであれば一度くらい指名しているだろうし、それで気に入れば次は本指名でくる。だから、以前から名前を知っていてまだ当たったことがない子というのは、それほどのインパクトがなかったということだ。

もちろん、女の子はおおぜいいて、こちらはそうそうしょっちゅう来られるわけではないから、気になってはいたけど会うことなくきた、という子もいることはいる。写真うつりが悪い子もいて、実際に会ってみたら、おお! ということもあるのだが。

なお、フリーとはいっても、写真を3〜4枚は見せてくれる。ただし、こちらも当然好みがあるわけで、3〜4枚見せてもらっていいと思う子はだいたい一人である。二人(以上)いて、どちらにしようか迷う、ということは滅多にない。むしろ、好みに合う子が一人もいなくて、消去法で無理やり決める、ということも珍しくない。そういう意味では、各店ともホームページの充実している昨今、あらかじめ写真やプロフィールを調べて電話予約、というのがやはり無難ではある。

奈々さんは悪くなかった。写真で見ると暗そうな雰囲気があるが、そんなことはない。話もはずんだし、サービスも悪くない。感じのいい人だったし、抱き心地も良かった。

それ以上のインパクトは、なかったのだけれど。


2008年08月13日(Wed)▲ページの先頭へ
強烈な締まり
2008/6/19、Club-X、早紀(さき)さん。

今月はClub-X月間。フリーだと割引があるので、優先的に利用してみることに。

ナマですると、当然のことながら膣の中に精液が残るわけで、抜いた後で素早くティッシュをあて、ベッドその他に垂れないように、拭きとるという作業が必要になる。ゆっくりしか出てこないから、しばらく何度も拭き取ったり、おざぶのようにずっとティッシュを当てたていたりするわけだ。中にはさっさと風呂場に行って、シャワーをビデ代わりに使って中を洗い出すなどという荒業に出る人もいる。

正直言って、色気がないことおびただしい。しかし、この作業は省略するわけにはいかないのだから、文句を言うわけにもいかない。ところが……

早紀さんは、営業停止前に一度イタしたことがある。で、なぜか、彼女はこの「拭き取る(洗う)」という作業を省略したのだ。それで印象に残っていた。

彼女の……はかなり強い締まりがある。小さくてキツイというより、入れる時はするりと入るのだが、自分の意志できゅっと締めることができる。たいていの(プロの)女性は、自分の意志で締められるだろうが、その力が強く、長続きするのだ。

恐らく、射精のあとも、膣をきゅっと締めて垂れないようにしているのではないか。しかし、2回目をした時も、別に中に残っているという風でもなかった。身体を洗う時にさりげなく洗い出していたのか、それとも奥まで吸いこんでしまったのか。


2008年08月12日(Tue)▲ページの先頭へ
Club-X 復活
2008/6/11、Club-X、天海(あまみ)さん。

Club-Xが再開したという連絡をもらった。閉店したのかと思ったが、それは誤解だった。一年間の営業停止処分ということだった。フリーだと割引あり、というのにつられて出かけて行った。

評判のいい天海さんが空いていたため、お相手願うことに。

率直にいってかなりの美人。それにとても感じがいい。キスもちゃんとするし好きなように触らせてくれる。非常に満足度が高かった。

これで胸がもう少し大きければ、いうことないのだけど、触り心地、という点では物足りなかったというのが正直なところだ。

■2007/6/3、「「club X」摘発?」


2008年08月10日(Sun)▲ページの先頭へ
中山さん3回目
2008/5/26、トレンディ、中山さん。

中山さんは3回目。自分にとって、3回というのはかなり珍しい。いろいろな子を試してはいるが、本来は同じ子を続けたいタイプ。物足りないから別の人を求めてしまうだけ。

それと、自分が都合のいい日、いい時間帯に予約が取れるとは限らないから、という理由もある。最近あまりシフトに入っていないけど、本来ならもっと指名回数が増えてもいいはずの人もいる。あの子とか、あの子とか……。

中山さんは、出勤日が多くてありがたい。それに、あまり指名で埋まるということもないようで、だいたい電話して2回に1回は予約が取れる。なんでもっと人気が出ないのか不思議な気もするが、これ以上人気が出て予約がしにくくなると困るので今のままでいい。

今日もマットはやらず、ずっとベッドで堪能。受け身一方とはいっても、さりげなく触ってくる指使いとかは結構巧みだと思う。

ただ、数日前に中村さんとイタしたせいか、つい比較してしまって、ちょっと胴周りも太めかな、ちょっと肌もかたいかな、などと考えてしまった。


こんなかわいい子が!
2008/5/21、トレンディ、中村さん。

みなさん、写真うつりだけは異様にいいので(バッチリ修正されているので)、写真から過度な期待は抱かないようにしているのだが、以前からチェックはしていた。お店のスタッフが「お薦め」だというので指名してみることに。

会ってみて驚いた。本当にかわいいじゃん!

顔もかわいいし、スタイルもいいし、気立てもいい。キスもちゃんとするし、こちらが身体をあちこち触ってもいやがらない。まさに鑑である。

こういう子だったら、何度でも……といいたいけど、なんか気後れがしてしまったというか。単にトシのせいかも知れないけど。2回目、一応勃ったので入れさせてもらったが、最後までいかず。ああー、残念。


2008年08月09日(Sat)▲ページの先頭へ
パイずり!
2008/5/13、ニューグランド、さやかさん。

色気のある人だ。それに、ぽんぽんしゃべるが話がうまい。こういう人は嫌いじゃない。

指使いのテクニックがなかなか。マットの時、パイずりをされた。初めての体験だが、生でやっている時のような快感があった。

ニューグランドは基本的に全員ゴムつき。僕は膣以外では出したくない派だが(つまり、手コキは問題外として、フェラでイクのも好きじゃない)、この時はこのまま出したいと思ったほど。

パイずりって、よほど胸が大きい人じゃないとできないものかと思っていた(そして、あまり胸が大きい人は好きじゃないので、今までパイずりを試してみたいと思った人はいなかった)が、普通サイズ(彼女は恐らくDくらいか?)でもできるんだー、というのも勉強になった。

サヨナラの挨拶をする時、「久しぶりに仕事を離れて楽しかったわ」とつぶやいていたのが印象的。誰にでも言っているのかも知れないけど、誰にでもは言っていない、と思う。

あとで聞いたら、この店で一番若い子なんだって。えー。彼女より若い子はいないってこと? まさか……


2008年08月08日(Fri)▲ページの先頭へ
仕事熱心な子
2008/5/1、東京夢物語、小室さん。

何年か前にいた小室さんとは別人。顔はまあまあ、スタイルはいい。若くて肌がきれい。

仕事熱心でいいですねえ。限られた時間で少しでも客に楽しんでもらおうという気持ちが伝わってくる。

ベッドで2回済ませて、残り時間が約20分。まあ、普通はおしゃべりで適当に時間を潰すパターン。が、身体を洗いながら「マットする?」

時間ないでしょう、と言うと、急げばまだできる、せっかくなのでやりましょうと、そそくさと準備。こういうのは嬉しい。

でも、時間ぎりぎりになって、「あっ、もう時間だ! ごめんなさい、大急ぎで身体洗って着替えて!」と騒ぎ出し、自分もあわてて手じまいに。そりゃ時間を過ぎるのはよくないけど、時間になればベルが鳴るし、少しくらいオーバーしたっていいだろうに……

が、彼女はフロントから催促がきてはいけない! と生真面目に考えている様子で、身体を拭くのもそこそこに下着をつけたら、まだ拭き切れていなかったようで、「あ、ローションがぱんつについた! 最悪!」などと派手に騒ぐ一幕も……

可愛い。また指名したい。


2008年08月06日(Wed)▲ページの先頭へ
愕然
今年になって7ヵ月が過ぎ、今年はまだ全く貯金ができていないことに気づき、愕然とする。

そりゃあそうだ、月に3度も4度もソープに行っていりゃ、貯金なんかできるわけないな。

7月はなんと6回も行っていたよ。

それ以外にも、銀座や六本木のクラブにも行くし。意外とこちらの方が金がかかったりする。飲みに行くと、一軒じゃ済まないし、タクシー代がかかるからな。

少し自粛しないと、まずいな……


2008年07月22日(Tue)▲ページの先頭へ
7月21日は
7月21日はオナニーの日らしい。しなかったけど。

07・21(色は匂へど…、2008/07/21)


2008年06月30日(Mon)▲ページの先頭へ
制服プレイ
制服プレイのリアリティー(人妻蜜月日記、2008/06/29)


どんなコスチュームが良いか聞くと、「看護婦さん!」とのこと。今は「看護士」なのだけど…と思うが、「看護婦さん」のほうが「白衣の天使」「聖女」「母性」を感じさせるなあ。


今は「看護師」さんですね。「看護士」さんは、まだ看護婦という言葉が生きていた時に、男性の看護婦さんについていう呼び名だった。

それはともかく。

自分は、基本的にコスプレには興味がなくて、ごく普通の大人の女性の格好をしてくれているのがいいのだが、看護婦だけはちょっと萌える。この場合、「看護師」では台無しである。「看護婦」でないと。「ナース」でもいいのだが。


2008年06月21日(Sat)▲ページの先頭へ
ヤラせてくれない女は対象外?
恋愛テク:すぐ寝る女は愛される?男の恋愛深層心理(毎日jp、2008/06/19)


恋愛における女子のもっとも強力な思い込みに、「いいなと思う男子があらわれたら、セックスまでに時間をたっぷりかけたほうがいい」というものがある。


まあね、「女の子」と呼ぶのが許されるくらいの年齢だったら、ある程度慎重に、時間をかけた方がいいと思うよ。焦る必要はない。

しかし、大人のオトコとオンナの場合は、意気投合したらまず寝てみる。恋愛するかどうかはそれから、という順序の方が自然だと思う。自然に逆らうのはよくない。

なんでそれが自然かというと、ある年齢を過ぎると、身体を開くより心を開いて裏切られる方がキツイからだ。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件


作者:とも(tomo_2062★mail.goo.ne.jp)

新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年10月
21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ
1980年 (1)
1月 (1)
1982年 (1)
7月 (1)
2001年 (7)
1月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2002年 (30)
1月 (4)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (4)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (5)
2003年 (30)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (6)
9月 (5)
10月 (3)
11月 (1)
2004年 (5)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
2005年 (4)
9月 (1)
10月 (3)
2007年 (89)
5月 (4)
6月 (12)
7月 (16)
8月 (10)
9月 (13)
10月 (14)
11月 (7)
12月 (13)
2008年 (83)
1月 (18)
2月 (19)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (5)
6月 (13)
7月 (1)
8月 (13)
9月 (3)
10月 (2)
12月 (3)
2009年 (62)
1月 (11)
2月 (5)
3月 (5)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (20)
10月 (10)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (4)
1月 (1)
4月 (2)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:11
昨日:30
累計:429,519