女友達 - 2009/03

忘れたくない人のことを書いておこうと思います。


カテゴリ


[PR]



2009年03月20日(Fri)▲ページの先頭へ
誰を指名するか (4)
「当たるも風俗、当たらぬも風俗」という言葉があるかどうか知らないが、どういう子に当たるかは、運を天に任せるしかない部分がある。そういうものだと思って受け入れるのが「粋」ということなのではあるまいか。

普通の人にとっては、決して少なからぬお金を投入するので、できるだけいい思いをしたいという気持ちは共通だろう。しかし、それを夢見るのはいいが、期待し過ぎてはいけないのである。

ソープランドなんかは明朗会計だから、費用ははっきりしている。もちろん、表向き明らかなのは入浴料だけで、サービス料は公開されないのが普通だが、お店に問い合わせれば教えてくれるはず。最近では「総額いくら」にしているところも少なくない。

そこで、全部で33,000円のはずなのに35,000円請求されたとしたら、どうしてそうなるのか聞くのもいいだろう。ただし、「24歳と書いてあるのに、どう見ても35は過ぎてるだろう!」と文句を言うのは野暮ってもんだ。そういうこともあり得るのだ。

いい女の子は必ずいる。お互いに好みがあるだろうから、どの子が、とはいえないが、これだけのお金を払っても全然惜しくない、できればまたお願いしたい、と思う子は確実に存在する。自分にとってのそういう子が、どこの店の誰なのか、それを探すのも「遊び」の醍醐味なのだ。同時に、「なんだこいつは! 金返せ!」と思わず叫びたくなるような子に当たることも……ある。そういう子に当たらずに済めばラッキーだが、それは無理だろう。

最近わかってきたのは、3回くらいをセットで考える、ということだ。一回にすべての思いを込めると、玉砕した時に傷が長引く。そうではなくて、3回分をまとめて考えるのだ。そうすると、一人はちょっとアレだったけど、一人はまずまず、一人は好みのタイプでまた指名しちゃお、とかだったとすれば、「それで総額××円なら、まあ、ヨシとすべきだな」といった判断ができる。

指名する時も、一回はサービスはいいけど胸がぺったんこなA子さん、一回はマグロだけど胸の大きいB子さん……というように考えれば、一回一回がパーフェクトな子でなくてもいいことになる。

だから、たとえば3万円のお店に行きたいと思ったら、3万円あってもダメなのだ。3回分、つまり9万円を確保しておくべきなのだ。もちろん、毎日行く必要はないから、月に一回のペースで3ヵ月、ということでもいいのだけど。逆にいうと、「遊び」で楽しもうと思ったら、そのくらいの余裕が必要なんだろう。

高級店には行ったことがないし、今の自分には無理である。一度くらい体験してみたいと思うことはあるし、一度だけなら8万円だって10万円だって払えないわけじゃないけれど、10万円のお店でいい思いをしようと思ったら、30万円をぽんと出せるようでないとダメなんだろうな、と思うわけである。


2009年03月17日(Tue)▲ページの先頭へ
色っぽいお尻
3/17、Club-X、いずみさん。

前から気になっていた人。ようやくタイミングが合って指名できた。

年齢はやや上かなと思うが想像の範囲内。全体的に小柄。胸が小さめなことを気にしているようだったが、小ぶりでも手触りはよく、気にならない。

お尻がキュンとして、やけに色っぽい。それは本人も自覚しているらしかった。
(2009/9/1記)


2009年03月06日(Fri)▲ページの先頭へ
可愛い!
■3/6、Club-X、結衣さん。

写真より若干太めかな。でも可愛らしさは変わらず。何より若い。

対応もやさしくて、やわらかい。おしゃべりではないし、あれこれ詮索もしてこない。サービスは普通だったけど、こちらの動きに合わせてくれる……合わせようとしてくれるからやりやすい。

3回もしちゃったよ。3回もしたのなんて、記憶にない。特別にソソるというわけでもないんだけど、若い、可愛い、手を抜かない、当たりがやわらかい。これがすべて。

別れる時も、「おわかれのチューしよ」と誘ってくる。いいね。惜しむらくは昼間しか入っていないので、基本的に仕事をサボらない限り会いに来れない。次の機会を待とう。
(2009/8/15記)


2009年03月03日(Tue)▲ページの先頭へ
覚えてなかったなァ
3/2、東京夢物語、小室さん。

記憶になかったので、写真指名で入ったのだが、「前についたことあるよね」と言われる。

以前も似たような事件があって、女の子の機嫌を損ねたことがあり、そういうことのないようにしているつもりだが、覚えてなかったものは仕方がない。名前に覚えがなくても、顔を見た瞬間に気づけばいいのだが、そういう時はたいがい顔を見ても忘れているのだ。

こちらとしては、本音では、初めてでも二度目でもなんでもいから、さっさと始めようよと思うのだが、「ほら、×月ごろに来たでしょ」とかなんとか、ひとしきりそういう話になってしまうのである。

「カードを確認してもらおうか? それでかぶってたら本指名に切り替えてもらおう」と提案してみたのだが、そこまでする気はないようだ……というより、せっかく90分サービスした自分が忘れられた時点で、気持ち良く仕事に取り掛かれないんだろうなあ。

スタイルはまずまず、肌がきれい。好みのタイプに近いが、キスは軽く唇を合わせるだけ、サービスはおざなり、時間にまだ余裕はあったが、そろそろ着替えましょう、みたいな感じで終わってしまった。

こういうことになってしまうのは、ドリームグループのカードは、女の子の名前ではなくNo.しか記さないため、あとで見ても、以前誰についたのか即座にはわからないからである。そんなことで邪険にされるなら、システムを改善してほしい。

あとで調べてみると、確かに以前当たっている。その時は時間ギリギリまでサービスに徹する子だったのだ! 惜しいことをした。でも、こんなことがあったらもう指名しにくい。
(2009/8/14記)

仕事熱心な子(2008/08/08)


2009年03月02日(Mon)▲ページの先頭へ
誰を指名するか (3)
初めての女の子を指名するのがリスキーであるならば、これだけ何人もの人に相手をしてもらったわけで、知っている人の中から良かったと思う子を指名すればいい。

なのだけど、そう簡単にいかないのは、つまり、この子は最高! この子だったら何度でもやりたい! と思う相手とは滅多に巡り合えないからである。

今までのお相手の中で、この人とだったら何度でも……と思った子は、何人かいないでもないが、全員お店を辞めてしまい、今は所在地不明。

今知っている中では、もちろん、いいと思う子は何人かいて、実際にリピートしているわけだが、これは素敵と思うところもあれば、物足りないと思う点もあって、必ずしもパーフェクトに満足しているわけではない。だからこそ迷うわけだ。

アソコの具合は最高だが、喋ると疲れるとか、サービスはいいけど胸がぺったんこだとか、一緒にいると癒されるけど、ちょっと太り過ぎだろとか、サービスもスタイルも悪くないが、顔がちょっとブスいとか。

その上、行きたいと思った日と出勤日の兼ね合いもある。事前の情報では出勤予定でも、当日急にこれなくなった、などということもある。

そういう中で、どこかを妥協して選ぶか、いっそ新しい子を試してみるか、という選択になるのだ。

ただし、顔やスタイルは変わらないが、サービスや感情的な部分に関しては、初回よりは2回目、2回目よりは3回目の方がいい思いができるのではないかという期待はある。指名を返せば向こうも喜んでサービスにも熱が入るだろうし、お互いのやり方がわかってきて、スムーズに進行するからだ。

だから、マークしておきたい子に関しては、忘れられないうちにまた指名したいと思う。


   


作者:とも(tomo_2062★mail.goo.ne.jp)

新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年3月
       

アーカイブ
1980年 (1)
1月 (1)
1982年 (1)
7月 (1)
2001年 (7)
1月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2002年 (30)
1月 (4)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (4)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (5)
2003年 (30)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (6)
9月 (5)
10月 (3)
11月 (1)
2004年 (5)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
2005年 (4)
9月 (1)
10月 (3)
2007年 (89)
5月 (4)
6月 (12)
7月 (16)
8月 (10)
9月 (13)
10月 (14)
11月 (7)
12月 (13)
2008年 (83)
1月 (18)
2月 (19)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (5)
6月 (13)
7月 (1)
8月 (13)
9月 (3)
10月 (2)
12月 (3)
2009年 (62)
1月 (11)
2月 (5)
3月 (5)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (20)
10月 (10)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (4)
1月 (1)
4月 (2)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:43
昨日:34
累計:431,721