女友達 - 2009/02

忘れたくない人のことを書いておこうと思います。


カテゴリ


[PR]



2009年02月23日(Mon)▲ページの先頭へ
誰を指名するか (2)
「誰を指名するか」(2009/01/27)の続き。

新しい子が入ったとの連絡を受けて、写真を見たりプロフィールを見たりしていると、何人かに一人は「この子としてみてぇ」と思うもの。が、それが実行に結びつくかどうかは難しい。

もちろん、いいと思った子を片っ端から試すなんて、財政事情が許さない、というのが大前提にある。そこで「今度行ってみようかな」という気になった時に、事前検討を開始するわけである。

ホームページなどでは、顔を隠している子が大半。顔出しの子の中から選んでもいいのだけど、髪型とか胸元とかを見てすごくそそられることもある。しかし、昨今では写真は大幅な修正がかけられている可能性もあり、いざ会った時に外見が期待通りである確率は……。

サイズや年齢は公開していることが多いけど、年齢は「吉原年齢」に決まっているから、あてにしても仕方がない。とはいえ、22の子と27の子では、22の子の方が若いだろうなとかの見当はつく。3サイズも結構あてにならないが、その店で知っている子がいれば、相対比較で見当がつくこともある。

胸とかお尻とかは、「大きさ」とは別に「形」と「手触り」という要素がある。それらが満足できるレベルだとしても、サービスや性格がどうかは、それこそ事前にはわからない。ネットであさってもほとんど情報は出てこないし、仮に出てきても、女性の好みは千差万別で、正直なところ、女性の評価に関して、他人の意見ほどあてにならないものはなかったりする。

つまり、勘を働かせるしかない。

このように、どのような結果になるかあてにできないものに対して、何万円ものお金を投資しようというのだから、怖いものである。


2009年02月16日(Mon)▲ページの先頭へ
うまくいかない
ここ数日、他人のブログネタを肴にうだうだ言っていたのは、カノジョとデートしたのにヤらせてもらえなかったからである。先月会った時もヤれなかったのである。それで、いろいろ鬱積しているわけである。

大人の男女が会ったらヤルのはごく普通のことと思うけど、それがなかなかうまくいかない。気が滅入るのは、単にできないことではなく、ホテルへ行こうとして「今日はやだ」というのは、やっぱりオレに惚れていないからではないか? と思うからである。心から惚れてりゃ、多少気が進まなくても、拒まないだろうと。

こんな調子では、お尻を叩いたり、アナルに入れたりなんて無理だよなぁ。


2009年02月15日(Sun)▲ページの先頭へ
素敵なひと
「ファーストプライオリティ3」(薬指の刺青、2009/02/11)

デートのとき。美術館にいこう、などと言われると、小さく『グサッ』ときてしまうのだそうで。


わたしのこと抱きたくないんだ…。

って、思っちゃう^^;


そーだよなー、と、思っちゃう(^^) このエントリ主は素敵な人だ。

若い、独身どうしのカップルなら、そりゃ仕事が忙しくてなかなか会えない、ってこともあるだろうけど、デートの時は、映画を見て、食事をして、その後朝まで一緒にいる、なんてこともできるだろう。が、お互いに既婚だとそうそう長時間一緒にいられるわけじゃない。映画か、メシか、ホテルか、どれかひとつである。メシとホテルのかけもちは、相当あわただしい。

「ほらっ、早くシャワー浴びて服着て! 電車に間に合わなくなる」なんていう状況では、余韻余情もへったくれもない。それこそ、ただヤルためにホテルにきたみたいになってしまう。それなら、メシはパスして、4時間なら4時間、ホテルでまったりと過ごした方がいい。大人の男女としては当然の結論だと思うのだが、必ずしも相手の賛同を得られないことが多い。

「結局、あたしと会うのはそれが目的なのね」

とか言われると、当たり前だろっ、ほかに何がある! と言いたくなるんだけど。じゃあ映画に行こう、買い物に行こう、となったら、

「わたしのこと抱きたくないんだ……」

とは思わないのかな。


2009年02月14日(Sat)▲ページの先頭へ
鬼畜なこと
私がS男だったら…(とげぬきぶろぐ、2009/02/10)

nico necoさんの妄想。女に取り入って、惚れさせて、離れられなくさせて、後戻りできなくさせた上でポイと捨てる。その時の女の泣く姿に萌える……というような話なんですけれども。

だんだんハードルを上げていっても、別れずについてこさせるには、どういうことをすればいいんだろう。ヤクザだったらクスリを使ったりするのかも知れないけど、ここではそういうことは想定していないわけでしょ。自分の男としての強烈な魅力とか、逆に、相手が他に頼る相手もいない弱い女だとか、口説きのテクニックとか、いろいろあるんだろうが、普通に考えたら、かなり、難しいのではないだろうか。

オイラは、そもそもハードルを上げるつもりは全然なくて、要は、毎日メールしなくても文句を言わず、会いたいと思った時になるべく時間を作る努力をしてくれて、会ったら毎回ちゃんとホテルに付き合ってくれればそれでいい。あとはしいて挙げれば、たまにアナルに指を入れたりアレを入れたりしても、「そんなことするなら帰る!」なんて怒ったりしなければなお良い。ご飯くらいなら奢るし、ホテル代も出すし、長く付き合いたいと思う。が、ただそれだけのことが難しい。

こちらも相手が好きになってしまうと、強いことがいえないんだよね。それで離れていくならご勝手に、とは言えないもの。「会いたい。会って。君がいないとダメなんだ」とか言っちゃうからな。


2009年02月08日(Sun)▲ページの先頭へ
やってはいけないこと
たとえば処女の女の子をレイプするなんていうのは、法律的にももちろん犯罪だが、そういうのを抜きにしても、人として決してやってはいけないことのひとつであろう。

そして、男として言わせてもらえば、鬼塚ゆりさんの「ぷちコラム」の2008/12/06の記述は、それと同じくらい「やってはいけないこと」ではないかと思う。


10何年も前のほんの出来心の悪戯(童貞でラブホテル初体験の男の子に「ホテルの中ってどうなってるか見たい? じゃ見せてあげよう、フフフ」などと煽った挙句に「はい。中見た? じゃ帰ろう」と涙目の少年を無理やり車で送って帰る)


30代独身、色恋沙汰がさっぱりないと、非モテを売り物にしているようなので、脚色もしくは創作かとも思うけど、気分が悪いことに変わりはない。掲示板を見ると


「触りませんから! 見せてくれるだけでもいいですから!!」と懇願する必死さにキュン☆


などとあって、反省している様子がないのもむかつく。罰として、僕に一回ヤらせたらいいのに、と思う。


   


作者:とも(tomo_2062★mail.goo.ne.jp)

新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年2月

アーカイブ
1980年 (1)
1月 (1)
1982年 (1)
7月 (1)
2001年 (7)
1月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2002年 (30)
1月 (4)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (4)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (5)
2003年 (30)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (6)
9月 (5)
10月 (3)
11月 (1)
2004年 (5)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
2005年 (4)
9月 (1)
10月 (3)
2007年 (89)
5月 (4)
6月 (12)
7月 (16)
8月 (10)
9月 (13)
10月 (14)
11月 (7)
12月 (13)
2008年 (83)
1月 (18)
2月 (19)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (5)
6月 (13)
7月 (1)
8月 (13)
9月 (3)
10月 (2)
12月 (3)
2009年 (62)
1月 (11)
2月 (5)
3月 (5)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (20)
10月 (10)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (4)
1月 (1)
4月 (2)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:16
昨日:34
累計:425,028