女友達 - 2009/01

忘れたくない人のことを書いておこうと思います。


カテゴリ


[PR]



2009年01月27日(Tue)▲ページの先頭へ
誰を指名するか
ソープランドへ行く時、誰を指名しようか(あるいは、フリで入るか)。これは結構悩む。

もちろん、高いお金を払う以上、いい思いをしたいのは当たり前。その時点で、お気に入りの子がいれば、その子を指名すればいい。が、コトはそう単純ではない。

行きたいと思った時に、その子が休みだったらどうするか。予約で一杯だったらどうするか。「次に会える時まで(お金と時間を)取っておく」というのも選択肢のひとつだが、僕の場合は、その時の「行きたい」という気持ちを優先させることにしている。だからこれはナシ。

もともと毎日入っている子は少ない上に、勤怠がいい加減な子もいる。それに、一般企業なんかと比べてやはり回転が早いわけであって、時間が経つといずれは辞めていく。最近だと、ちょっと親しくなるとメールアドレスの交換くらいするだろうし、他の店に移るのなら教えてもらえることもあるかも知れないが、職種が変わったら(ヘルスとか、ピンサロとか)行く気にはなれないし、エリアが変わっても(たとえば、堀之内とかでも)行くのは難しい。

また、何年も経てばお互いに年をとるのであり、「一緒に年をとる」のも悪くないかも知れないが、常に「30歳前後」がいい、と思えば、何年間かの間には世代交代を進める必要もある。

というような事情で、常に新規開拓をし、新たなお気に入りを見つけておくことが必要なのだ。まあ、そうもったいぶった言い方をしなくても、お店に行って写真集を見れば「この子はかわいい、この子は胸が大きい。ぜひ一度試してみたい」と思うもの。メール配信の登録をしていると、新入店の子を次々と教えてくれるし。


2009年01月25日(Sun)▲ページの先頭へ
77日ぶり
1月23日、VIP ROOM、瞳さん。ソープランドへ行くのは77日ぶり、瞳さんに会うのは2007年5月以来だから1年8ヵ月ぶり。

我慢できないというほどじゃなかったけど、臨時ボーナスも入ったことだし、たまにはいいかと。単に行くだけでは面白くないので、14時半に店に行く。つまり、外回り中。待っている時間や店まで往復する時間を入れて、3時間以上も仕事を堂々とサボったことになる。

どこかの喫茶店で本でも読みながらサボってる、という状況だと、携帯に連絡が入ったり、なんとなくヤバイと思ったら、即、行動に移せたけど、いったんお風呂に入ったら動けないから、覚悟を決めるしかない。定時は18時だけど勝手に早上がりして、17時半とか18時くらいから飲みをスタートさせた、というサボりなら何度かあるが、こういうサボり方をしたのは初めて。

で、まあ、それはともかく。

瞳さんは長期休みがあったりしてなかなか連絡が取れず、自分の中では「かなりいい」にランクされていたにも関わらず、これまで会うことができなかった。この日、久しぶりに行くのに誰がいいかな……と迷いつつも、出勤予定表に名前があったため、電話してみたらいるとのこと。というわけで、即、予約。

美人といっていい顔立ちだと思う。肌がきれいです(本人も、肌だけは自慢できる、らしい)。胸がこぶりだけど、すごく柔らかくて揉み応えがある。自分から積極的にあれこれする子ではないので、サービスを期待すると期待はずれに終わるかも知れないけど、自分から攻めたい人にとっては、すごくいいと思う。

ただ、しばらく会わないうちに、ちょっと理想化し過ぎてたことにも気づいた。

まず、足首と左肩にかなり大きなタトゥーがある。小さなワンポイント・タトゥーはたまに経験するが、彼女のはかなり目立つ。いわゆる刺青とは違うけど、こういうのはかなりビビる。厭な人はやめた方がいい。

良く言えばおっとりしている、ということなんだろうが、悪く言えば手際が悪い。時間を切り売りする商売で、ノロノロされるのはいいことじゃない。そのあたりは、イライラしないで大きく気を持つ心がけが必要だ。


2009年01月23日(Fri)▲ページの先頭へ
可もなく不可もなく
後述するブログの削除(?)事件と重なって、書くのが漏れていた。

2008年1月22日、VIP ROOMへ。お相手は美奈さん。

確か、お目当てがいなくて、フリーで入ったんだったかな。

顔はまずまず、感じはよい。スタイルは悪くないがちょっと太めかな。キスを避けられたのは残念。

……というくらいのことしか覚えていない。いずれにしても、VIPはフリーでもこのレベルの子が出てくるのは強み。
(2008/05/05記)


たまにはこういうデート
20日、カノジョのMと会う。

体調が悪いと聞いていたので、身体だいじょうぶ? と聞いたら、「病気じゃないから……」とのこと。というと、アノ日ですかね。アノ日は思いっきり中出しできてそれなりにおいしかったりするんだが、後始末が面倒といえば面倒。流れに任せて、無理にはしないことにした。

渋谷で待ち合わせたんだけど、30分くらい早くついて、渋谷はどこにラブホがあるんだ、と思ってセンター街の先をうろうろしていたが見つからなかったから、というのもある。前に別の女と待ち合わせた時は、ちゃんと見つかったんだが(その女とはそういう話にはならなかったのだが)。

で、まずは食事。しかし、食べて飲んだらもうあまりその気にはなれない。飲んでヤルのも好きじゃないけど、満腹ですると逆流しそう。それで、そのままバーに飲みに行って、解散。

彼女とは7〜8年くらいの付き合いになるが、考えてみたらいつもスルばっかりで、ゆっくり飲みにいったりしたことなんてなかった。たまにはいいもんだ。

でも、したかったけどな。


2009年01月18日(Sun)▲ページの先頭へ
会話
お互いの心理的な距離を縮める意味でも、間を持たせる意味でも、会話がそれなりに重要なのはわかる。僕だって、楽しく打ち解けて話ができればそれに越したことはない。しかし、セックスはプロでも、会話は素人という人が多いのも事実。それに関しては、教わることもなければ、自分から学ぼうともあまり思わない、ということなのか……

よくあるのが、どこに住んでいるの? 仕事はなにやっているの? 結婚してるの? 子供はいるの? などと身元調査を始めるパターン。別に身元調査をしているつもりはなくて、気楽に聞いているんだろうけど、僕ははっきりいって、こんなことを正直に答えたくはない。自分だって同じことを訊かれたらイヤなんじゃないのかなー。

趣味はなに? などといきなり聞かれるのは、イヤじゃないけど困る。ちょうどゴルフを始めて、それについて話したくて仕方ない、というような人にはいいだろうが、普通はそういう漠然とした質問をされても、何を答えればいいのかすごく迷うんじゃないだろうか。「趣味」という言葉自体、人によってとらえ方が違うし、答えに悩む。

キャバクラだったら、それもいいのかも知れない。会話をするために行くのだし、(相手の気を引くために)どう答えようか、悩むのも楽しいもの。けど、「お風呂」に入る時に、頭は使いたくないのよ。頭というより、左脳(論理的思考)を使いたくない、ということなんだと思う。あーしたりこーしたりこーされたりあーされたり……というのは、右脳の管轄下だからね。

どうせ聞くなら、「崖の上のポニョって見た?」とかいうように、Yes/Noで答えられる質問にしてもらいたい。人にあれこれ聞くより、本当は自分の持ちネタをいくつか作っておいて、それを話してくれるのが一番楽でいいんだけど。興味があれば突っ込みを入れて、そこから会話がはずむこともあるし、興味がなくてもニコニコして聞いていれば済むし。

もちろんこれは、おしゃべりの苦手な(僕のような)タイプの場合。話をするのが好きな人は、女の子に一方的に喋られるのは厭だろうが、そういう人は気遣わなくてもどんどん喋るだろうから、わかるはずだ。


2009年01月15日(Thu)▲ページの先頭へ
やっぱりいいなあ
2008年11月7日、トレンディ、中山さん。

前回から9日ぶり。やっぱり中山さんはいいなあ。

ちょっと二の腕が太ったか? でも、肌がきれいだから許そう。胸の形も、ツンと上を向いて、眺めてよし、触ってよしだ。

あまりしゃべらないが、実はそういう子の方が自分は気が楽だ。おしゃべりな子は、結構地雷を踏んでくれることがあるからだ。


2009年01月12日(Mon)▲ページの先頭へ
少しは運動をした方が
2008年10月29日、Pretty Girl、みずきさん。

またしても33日ぶり。というあたりの経緯については「約1ヵ月ぶり」(2008/10/30)に書いた。

今回は、会うのが楽しみだった。というのは、前回7月15日に会った時に、酒とタバコをやめて、しかもコアリズムを始めたと言っていたからだ。これについては「酒とタバコをやめたらしい」(2008/12/29)に書いた。

あれから約3ヵ月。毎日、とはいわないけれど、サボリつつも続いていれば、結構変わったのではないかと思う。というのは、僕も8月からジムに行くようになって、せいぜい週に1〜2回という程度なのだが、3ヵ月ほど経ったら、胸に肉がつき、お腹が引き締まってきた……という状態だったからだ。

僕の年齢で、週に1〜2回でこれだけ変わるのなら、もっと若いみずきちゃんが、もし週に2〜3回ぐらい続けていたら、相当に変わっているのではないか……

結論をいうと、これは裏切られた。彼女のお腹は、明らかに以前よりも出ていた。そして、僕と以前コアリズムの話をしたことなど、覚えていないのだろう。「私、今度ダイエットはじめたの」ときた。

ダイエットは、何をやるかじゃない、どれだけ続けるかだ。これじゃあなあ。

まっ、いつにもまして感じてくれたから、それでよしとするか。(どんどん濡れてくるので、本当に感じているんだと思う)


2009年01月10日(Sat)▲ページの先頭へ
北原さんサイコー
2008年9月26日、トレンディ、北原さん。

7月は6回もソープランドに行き、貯金が増えないどころが目減りしていることに気づいて焦って8月は自粛に努めた経緯は、以前書いた。

愕然(2008/08/06)
我慢の月(2008/08/21)

その後、57日間の禁欲の後、北原さんに会ったことも一度書いた。

約2ヵ月ぶり!(2008/09/27)

この時は2回したが、2回とも彼女が上。僕は、バリエーションの中で相手に上になってもらうことはあるが、女性が上だとまずイかない。相手が思うように動いてくれないし、自分がコントロールするのは無理があるから。

ところが、北原さんだといとも簡単にイってしまう。うまい、というのもあるが、彼女の道具が絶品なんだと思う。もうホント、入れただけでイっちゃいそうになるもの。


2009年01月09日(Fri)▲ページの先頭へ
やっぱり中山さん
2008年7月31日、トレンディ、中山さん。

中山さんは、4回目かな。今月はいろいろな人と当たって、それぞれにいい人だったけど、やっぱり中山さんはいいな。胸は大きくて形がよくて柔らかいし。肌は白いし。無駄な話はしないし、どこをどう触っても、どんな体位も嫌がらないし。

堪能した……(2008/03/10)
堪能した その2(2008/05/06)
セクシーなドレス(2008/06/16)
中山さん3回目(2008/08/10)


2009年01月06日(Tue)▲ページの先頭へ
入らない!
2008年7月24日、東京夢物語、浅野さん。

顔を見た瞬間、しまった! と思った。

この子につくのは、たぶん、3回目。毎回、二度と指名はすまいと思うのだが、名前を忘れてしまう。写真や身体のサイズで見る限りは、ものすごく好みなんだな。その上、写真と実物の乖離が激しいから……前回のことを忘れ、うっかりまた指名してしまった、というわけ。

悪い子だというわけではない。実際、スタイルは悪くないし、サービスもいい。ただ、入らないのだ。僕のが大きいせいか、彼女のが小さいせいかわからないが、入らないのだ。入れようとすると、ものすごく痛がる。それでも、せっかくのお客様だから入れないわけにはいかないと、涙をためながら必死に耐えている顔を見ていると、萎えてしまうのだ。

なんとか無理やり入れても、とても奥までは入らないし、腰の動かし方にもかなりの制約ができる。当然、こちらは気持いいとはいえない。先っちょを入れただけでヨシとして、あとは手や口でしてもらってお茶を濁すのがこれまでのパターンだった。

今回は相変わらず痛がるのを見て、それ以上する気も起きず、適当に身体を触ったり舐めたりして終わり。

他の人もみんな痛がるでしょ、あなた大きいから、と言われるが、痛がられたことはなくはないが、素人も含めて、入らなかったことはない。仮にもプロだったら、訓練して対応できるように考えろといいたい。さもなきゃ、ごめんなさい他の子に代わってもらっていい? と正直に言うとか。

もっとも、うまくいかないにも関わらずまた指名をするので、結果的にお気に入りだと思われているのかなあ。向こうも、別の人を指名してくれればいいのに……なんて思ってたりして。


2009年01月03日(Sat)▲ページの先頭へ
太ももムチムチ、色気たっぷり
2008年7月17日、東京夢物語、広沢さん。

「広沢さん」につくのは初めてだが、この人とはもっと何度もついている……はず。

2003年ごろ、Miss & Mr.(通称ミスミス)という店があって、そこにいた一条さんだと思うのだ。あの頃、一条さん目当てでミスミスに何度か通ったが、彼女がいなくなって足が遠のき、店も今はない。

ある時、ドリームグループの店の写真を見ていて、「あれっ、この顔は一条さんじゃあ……」と思った。が、ちょっと躊躇があって、そのままになっているうちに何年も経ってしまった。

ミスミスの一条さんは、サービスは悪くなかったが、胸がぺったんこだった。乳首は大きめだが、胸を揉む楽しさはない。ところが東京夢物語の紹介欄にはCカップと書いてあるから、もしかしたら顔が似ているだけの別人なのか? という気持ちと、豊胸したのか? という気持ちとが揺れていたからだ。

前者ならわざわざ指名する意味は全然ないし、後者だと、見た目はいいが触った感触が好きではないから、いずれにしても指名する価値があるか疑問に思ったわけ。あれから何年も経って、その分年もとっているのだし、そうでなくても次々と可愛い子が入店してきて、試したい相手に事欠かなかったから、後回しになっていたのだが、ようやく今日、行く気になった。

で、会った瞬間、本人だと確信した。服を脱がせたら胸は依然としてぺったんこ。Cカップというのは誇大広告だな(笑)。でもよかった。

彼女のいいところは、キスがしつこいところ。僕もキスが好きで、キスを避ける子(最近は少ないが)は二度と指名しない。普通は相手はしてくれるが、なかなか熱意をもって応えてくれる人は少ないのが正直なところだ。が、彼女はこの僕がもういいよといいたくなるくらい、キスし続ける。

どこを触っても、どんな体位も基本的に嫌がらない(アナルを除く)。感じるとすごく大きな声を出す。「すごいですぅ」「大きいですぅ」と、よくしゃべる。本当に感じていたらあんなにはっきりとしゃべれないだろうから、演技だろうと思っているが、褒めてくれるのは悪い気分じゃない。

それに、お尻から太もものあたりのラインがとても色っぽく、とてもいやらしいのだ。とにかくソソられるし、何度でもしたくなる子である。


   


作者:とも(tomo_2062★mail.goo.ne.jp)

新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年1月
       

アーカイブ
1980年 (1)
1月 (1)
1982年 (1)
7月 (1)
2001年 (7)
1月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2002年 (30)
1月 (4)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (4)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (5)
2003年 (30)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (6)
9月 (5)
10月 (3)
11月 (1)
2004年 (5)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
2005年 (4)
9月 (1)
10月 (3)
2007年 (89)
5月 (4)
6月 (12)
7月 (16)
8月 (10)
9月 (13)
10月 (14)
11月 (7)
12月 (13)
2008年 (83)
1月 (18)
2月 (19)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (5)
6月 (13)
7月 (1)
8月 (13)
9月 (3)
10月 (2)
12月 (3)
2009年 (62)
1月 (11)
2月 (5)
3月 (5)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (20)
10月 (10)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (4)
1月 (1)
4月 (2)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:13
昨日:54
累計:422,984