女友達 - 2008/06

忘れたくない人のことを書いておこうと思います。


カテゴリ


[PR]



2008年06月30日(Mon)▲ページの先頭へ
制服プレイ
制服プレイのリアリティー(人妻蜜月日記、2008/06/29)


どんなコスチュームが良いか聞くと、「看護婦さん!」とのこと。今は「看護士」なのだけど…と思うが、「看護婦さん」のほうが「白衣の天使」「聖女」「母性」を感じさせるなあ。


今は「看護師」さんですね。「看護士」さんは、まだ看護婦という言葉が生きていた時に、男性の看護婦さんについていう呼び名だった。

それはともかく。

自分は、基本的にコスプレには興味がなくて、ごく普通の大人の女性の格好をしてくれているのがいいのだが、看護婦だけはちょっと萌える。この場合、「看護師」では台無しである。「看護婦」でないと。「ナース」でもいいのだが。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月21日(Sat)▲ページの先頭へ
ヤラせてくれない女は対象外?
恋愛テク:すぐ寝る女は愛される?男の恋愛深層心理(毎日jp、2008/06/19)


恋愛における女子のもっとも強力な思い込みに、「いいなと思う男子があらわれたら、セックスまでに時間をたっぷりかけたほうがいい」というものがある。


まあね、「女の子」と呼ぶのが許されるくらいの年齢だったら、ある程度慎重に、時間をかけた方がいいと思うよ。焦る必要はない。

しかし、大人のオトコとオンナの場合は、意気投合したらまず寝てみる。恋愛するかどうかはそれから、という順序の方が自然だと思う。自然に逆らうのはよくない。

なんでそれが自然かというと、ある年齢を過ぎると、身体を開くより心を開いて裏切られる方がキツイからだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月17日(Tue)▲ページの先頭へ
ひどいけど……惜しい
4/30、トレンディ、本間さん。

4月は、「ほのかさんはよい!」(2008/04/04)、「ほのかさんはよい! その2」(2008/04/05)、「フツーのサービス」(2008/04/16)に続いて3回目。

写真ではキレイに見えるので以前から狙っていた。それでこの日の指名となった。

会った時はラッキーと思った。顔も、小柄だけどちょっとムチムチした肉感的な身体も、僕好み。

ところが、性器を見たらなんか白いものがこびりついている。最初はティッシュが残っているのかと思ったがそうでもない。おりものか何かが乾いたのか? 局部を清潔に保つのはこの仕事の基本中の基本だろう。

クリトリスが感じるからそこを攻めろという。胸や膣や他のところを触ろうとしても、そこじゃなくて! 感じるのはクリなの! とそれ以外の愛撫を拒否。アンタが感じるかどうかじゃなくて、オレが触りたいんだけど。

なんだかバカバカしくなって、どんどん醒めてしまい、彼女が濡れてきて「はい、(挿入を)どうぞ」の時にはこっちは完全なフニャチン状態。その後もデリカシーに欠ける言動で、結局勃起せず、一度もイタすことなく終わった。好みとはかけ離れた相手で、「一度しかできない」ことはよくあるけど、一度も……というのは記憶にない。

最初に勃った時にすぐに入れさせてもらえば良かった、と言ったら、きょとんとした顔で、だって私が濡れていないのに? には参った。あのさー、ローションがなんのためあるか、知ってるか? 知らないんだろうな。

それでも、見ている分には顔も体もやはり僕の好み。それに、ちょっとだけど指を入れた時のザラつく感じは名器の予感ありで、試してみたかったなあと残念な気もした。

本当なら腹を立てて、お店に文句のひとつも言ってもいいところだろうが、そうする気にはなれず、本指名したらまた対応が違うんじゃないか、とか考えたりもしたのだった。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月16日(Mon)▲ページの先頭へ
セクシーなドレス
3/12、トレンディ、中山さん(2回目)。

2月27日に出会った中山さんが素晴らしい人だったので、改めて指名。

胸元が大胆に開いた薄いドレスだったのだが、ドレスの下はノーブラ。見ているだけでそそられる。

日中、歩きまわって汗をかいており、即ベッドは申し訳ないような気がしたが、大丈夫というのでお言葉に甘えてそのまま一戦。

そのままじっとしていたら前回同様ずっとベッドで……ということになったかも知れないが、自分でも自分の体臭が気になったため、身体を洗ってもらうことに。そのままマットへ。

マットはまあまあ。でもここでは出さずに、もう一度ベッドへ行ってした。

最後、服を着たらその姿がまたセクシーで、またしたくなった。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月12日(Thu)▲ページの先頭へ
貞操観念
既婚女性とお付き合いしたことが何度かある。個人的な聞き込み捜査(!)によると、彼女らの大半が、「初体験の相手と結婚した」らしい。

結婚したいと思える相手と巡り合うまで操を守ってきたような人が、結婚後に婚外恋愛をするのか……とも思うが、たとえばAさんは学生結婚。いわゆる「でき婚」だった。僕と知り合った時も27歳の若さ。子供ができたので結婚したけど、本当にこの人で良かったのか、と疑問を感じていた頃なのかも知れない。

Bさんは30代の後半で、結婚してから10年以上経ち、夫婦仲も悪くなかった。貞操観念云々というより、学生時代は勉強熱心で(一流大学を優秀な成績で卒業し)、就職してからは仕事が忙しく、異性とお付き合いするどころじゃなかったらしい。ダンナとはお見合い。結婚してからもずっとすれ違い生活が続き、夫婦生活もろくになかったという。仕事を辞めて専業主婦になって、ようやく時間も気持ちも余裕が出来、そこで初めてダンナ以外の男にも目が向いた、というところか。

世間で思われているほどには若い女性は複数の男性と深い付き合いをするわけではなく、ダンナ以外に男を知らずに結婚する人は、実際にはそう珍しいことではない、ということなのかも知れない。

結婚後にダンナ以外の人と付き合うのは僕が初めて、という人はさらに多い。真実を語っている保証があるのかといえばないし、たとえそうでなくても「あなたが初めてよ」と言いたくなる気持ちはわからなくもないが、まあ、相手を信用して事実だと考えることにしている。

その場合、理由がよくわからない。彼女の生き方を変えてしまったとなると、多少の罪悪感を持ってしまう。が、こちとら、それほどの色男ではないし、そんなに熱心に口説いた覚えもないし……

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月09日(Mon)▲ページの先頭へ
過去日記の更新
未発表メモから。

2002年6月27日分を追加。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月08日(Sun)▲ページの先頭へ
おっぱいの真実
私のパイオツについて真実を話すよ(soulfireの日記、2008/05/28)

プロフの写真は嘘で、今はもっとたれてます、というんだけど、今の方がいいんじゃないかな。柔らかそうだし。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
過去日記の更新
未発表メモから。

2003年9月5日、9月20日、9月22日分を追加。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月07日(Sat)▲ページの先頭へ
キスを厭がる人
口臭(不道徳欲情、2005/06/07)

キスを厭がる人、厭がるというほどじゃないけど積極的でない人がいるが、キス自体が厭なのではなく、口臭が厭がられていたんだろうか。うむむ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月06日(Fri)▲ページの先頭へ
情報源
個人授業(朝立ち日記、2005/06/04)


どこから情報が漏れるんでしょうねえ。


本人からに決まっているじゃない。そんなオイシイことして、黙っていられる奴なんていないと思うよ。それに普通の親なら気付くだろうしね。

誰にも喋らず、同居人にも気付かれずに情事をやり過ごす技を身につけるのは、やはりそれなりの年齢になってから。ま、それができるようになるまでは、バレたらまずいことはしちゃイカン、ってことだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月04日(Wed)▲ページの先頭へ
過去日記の更新
昔ウェブリブログで書いたものより、2005年10月9日、10月11日分を追加。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月02日(Mon)▲ページの先頭へ
過去日記の更新
昔ウェブリブログで書いたものより、2005年9月6日、10月9日分を追加。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2008年06月01日(Sun)▲ページの先頭へ
恋わずらい その3
タクシーをつかまえてから、携帯にメールを打った。ちょうどシャワーでも浴び終わった頃か。まだ寝てはいないだろう。……が、その夜は返事はなかった。

返事があったのは翌朝で、仕事に向かう前の時刻だろう。前夜のお礼が述べてはあったが、多分にそれは儀礼的であり、形式的なもののように感じられた。

彼女の本心は何処にあるのだろう。酔った勢いということにしておきたいのか。それならそれでもいい。もうしたくないならそうはっきり言ってくれればしない。……と言いたいところだけど、またキスがしたい。すごくしたい。彼女と。そのことばかり考える。

その先は……その先ももちろん考える。でも、それはとりあえず(今は)いい。ただ、キスは……

それは実現するだろうか。次に会えるのはいつだろう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

作者:とも(tomo_2062★mail.goo.ne.jp)

新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年6月
         

アーカイブ
1980年 (1)
1月 (1)
1982年 (1)
7月 (1)
2001年 (7)
1月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2002年 (30)
1月 (4)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (4)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (5)
2003年 (30)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (6)
9月 (5)
10月 (3)
11月 (1)
2004年 (5)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
2005年 (4)
9月 (1)
10月 (3)
2007年 (89)
5月 (4)
6月 (12)
7月 (16)
8月 (10)
9月 (13)
10月 (14)
11月 (7)
12月 (13)
2008年 (83)
1月 (18)
2月 (19)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (5)
6月 (13)
7月 (1)
8月 (13)
9月 (3)
10月 (2)
12月 (3)
2009年 (62)
1月 (11)
2月 (5)
3月 (5)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (20)
10月 (10)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (4)
1月 (1)
4月 (2)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:43
昨日:34
累計:431,721