女友達 - 2002

忘れたくない人のことを書いておこうと思います。


カテゴリ


[PR]



2002年12月28日(Sat)▲ページの先頭へ
唐沢
■吉原ソープランド「プリマドンナ」、唐沢

部屋に入ってキスしようとしたら、「あ、私、即即とかしない人なんで」と拒否られた。別に即がないならなくてもいいけど、キスくらいなぁ……

背が高く、スタイルは抜群。けど主導権は渡してくれず、不満は残った。

(未発表メモより)


2002年12月20日(Fri)▲ページの先頭へ
「生」はいけないのか?
裏サービスとかいう本を立ち読みしていたら、「生でする」というのはあまり公に言ってはいけないことなのかなあ。ぼかした書き方しかしていなかったが、高級ソープは別にして、そういうサービスはかなり稀有のものらしい。唯一の例外は吉原のDグループだとあった。

Dグループといったら最近私がひいきにしているDreamグループのことだろう。確かに生でやらせてくれる女の子の数は多い(女の子自体が多い)。しかし平均年齢がね。もう少しなんとかならないもんでしょうか。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年12月19日(Thu)▲ページの先頭へ
ナミ
■尼崎「ソープランド阪神」、ナミ、25,000円

年齢は想像通りだったけど、可愛いくて感じのいい人で良かった。

隣にピッタリ座ってすりすりしたりしてくれたので、とてもよかった。やっぱりこういうのが嬉しいよね。

ゴム付きなんで苦労したけど。ま、しょうがないか。

(未発表メモより)


2002年12月17日(Tue)▲ページの先頭へ
店がない
たまにはどうかと思ってスターシップに電話をしてみたら、聞き覚えのある男性スタッフの声だったが、店の名前が変わっていた。

11月7日から変更になったらしい。単なる店名変更のリニューアルかと思ったが、女の子は全員入れ替わったとのこと。オーナーが変わったか?

「スターシップの時の女の子は、誰もいないんですか!?」
「はい、全員変わりました」

いい子が揃ったから写真だけでも見に来てくれと言われたが、ちょっとねー。せっかく主な女の子の調査が済んだところなのに……

たまちゃんはどこの店に行ったのかな。もう一回シタいな。

それにしても全員リストラとは。結構怖い。

#源氏名が変わっただけで同じ子がいたりして。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年12月06日(Fri)▲ページの先頭へ
雅(みやび)
■町田、ピンサロ「あっぱれ姫」、雅(みやび)、6,000円

顔も可愛い、十分満足。唇は柔らかい。キスしてて楽しい。胸はちょっと……かなり垂れてたけど。

アソコはかなり濡れてたので、奥まで指入れができた。お尻触っても嫌がらず。

始める前もそうだし、終わった後も、ただ座っている時もピタッと寄り添って座り、しなだれかかってきたりする。こういうのがいいんだよなぁ。ソープでなぜこういうサービスができないんだろう。

ちょっと萎えたのは、よほどイソジン? か何かの消毒薬で熱心にうがいをしてきたのか、キスの時にその強烈な香りがしたことだ。もっとも、シャワーも浴びずにやっているんで、お互いツライよなぁ。

(未発表のメモより)


2002年11月19日(Tue)▲ページの先頭へ
国吉
■吉原ソープランド「東京夢物語」、国吉、25,000円(90分)

少しでも若い子がいいなあと、公称年齢の一番若い子を指名してみた。その点は正解で、確かに若い子だったし、顔も可愛かった。

くぐり椅子というサービスを初体験。へー、こんなサービスがあるんだ。この子に言わせると割と一般的らしいけど。「お客さん、うち以外の店に行ったことがないのね」って、ここ以外にもずいぶんたくさん行っているわい。吉原も堀之内も南町も歌舞伎町も雄琴も中洲も、上野も渋谷も八王子も……

ただし動作というかサービスが全体的に雑。

(未発表のメモより)


2002年11月03日(Sun)▲ページの先頭へ
秋葉
■吉原「東京夢物語」、秋葉、25,000円(90分)

写真とはかなりイメージが違ったので、最初は秋葉さんとは別の人が出てきたのかと思ったくらい。
感じのいい人ではあった。
ちゃんと即ベッドやらしてくれたし。キスも厭がらず、かつ激しい中にも拒絶するようなものでもなくて、さりげなく受け入れてくれたし。
バックもちゃんとやらしてくれたし。
「胸なめて」といったら、ずっと舐め続けてくれたし。
もちろん生だし。

だから、10歳くらいサバ読んでるだろーってことも、お腹が(キュッて感じじゃなくて)ズドンという感じなのも、肌のあちこちにしみがあるのも(年齢相応というか)、気にしなければ気にならないものだ。

二度目がなかなか勃たなくて、どうなるかと思ったが、時間が90分あったせいで、何とか挿入・発射を果たす。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年10月27日(Sun)▲ページの先頭へ
セリーヌ
■新宿「ニューグランド」、セリーヌ、20,000円

昼から生二発。しかし最初のきっかけはなかなかうまくいかないもんだ。

部屋に入って荷物を置いたところで、「久しぶり、会いたかったよ」と言ってキスをし、胸を触り、それから……などと考えていたのだが、声をかける前に「上着、こちらへおかけしますね」と言われ、上着を脱ぐ羽目に。上着を脱げば次は「おズボンも……」となって、脱がざるを得ない。

ズボンを脱いだ間抜けな格好で、チャンスを窺ってじっとしているのもアレなので、そのまま下着も脱ぎ始める。その間に彼女は風呂場の支度を始める。それで、「こちらへどうぞ」と言われてしまえばそのままマットに言ってしまう。それでベッドのそばに戻ってきて手早く脱ぎ始めたのを強引に抱きつく。

「お風呂に行きましょ」というのを無視して、「会いたかったよ」「この身体、たまんないよ」などと言いつつベッドに押し倒し、挿入を果たす。あとはマット→ベッドといつもの流れ。最初に時間を食ってしまったため、終わりは少々慌てたが、まあちゃんと二回目もできた。

喋り方や喋る内容には年齢を感じさせるものがあるが、しかし身体はやっぱりいいんだよね。胸なんて、ホント、手触りいいし。乳首もちっちゃくて、つまんでいじると楽しい。

(2002/11/17記)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年10月15日(Tue)▲ページの先頭へ
芹沢
■吉原、トレンディ、芹沢、25000円(90分)

写真がとても美人なので、前からチェックしていた。

顔見た瞬間は「あれ? 本当に芹沢さん?」と思い、期待外れかと思ったが、そんなことはない。サイコーだったね。

オーソドックスに即尺から即ベッド。それからマット。これが長くてていねい。ていねい過ぎて、ふやけるかと思ったほど。マットのあとでベッドに戻るかと思ったら、ベッドで終わりにするつもりだったらしい。最後はベッドがいいと言ったら、あわてて手仕舞いにかかる(笑)。

でもって、バックから最後は正常位で二発目を。

女の子によって流儀があるのはわかるが、お店によってある程度流れを統一してほしいもんだ。こっちはいつでも好きな時に好きなだけ発射できるわけじゃないんだから。流れがわかっていれば、どこで我慢して、どこで解放すればいいのか、安心してできるし、注文を出すこともできるのだが。

やはり同じ子を指名して、その子の流れを覚えないとダメなのかな。

終わった後、改めて写真を見たが、うーん同じ人とは思えん。

(2002/11/16記)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年10月14日(Mon)▲ページの先頭へ
トマト
■町田「姫っこ茶屋」、トマト、6000円

「あっぱれ姫」の姉妹店。24時ぎりぎりで、まだやっているかな? と思ったらちゃんと開いていた。

 店の雰囲気やシステムはあっぱれ姫と同じ。トマトちゃんは、胸はちょっとこぶりだったけど、心いくまでキスさせてくれたし、唇が柔らかくてとても気持ちいいです。

トマトちゃんって、樹ちゃんではないかと思う今日子の吾郎さん。聞かなかったけど。

(2002/10/21記)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年10月03日(Thu)▲ページの先頭へ
麻里再び
■吉原「スターシップ」、麻里、通常25000が20000円(70分)

どうしても入れて出さないと悶々が収まりそうもなかったので、連チャンで繰り込む。スターシップ8回目なので5000円割引。これはラッキー。

麻里さんは前回(3月20日)も書いた通り、美人でスタイルが良くてテクニックも結構なもの。再指名するかどうか迷ったが、たまにはいいだろうと会いに行くことにした。

前回のことを覚えていてくれた、といっても「覚えているわヨー」というのは営業トークかも知れないけど。まあ、それはいい。でも指名で来たのに、抱きつこうとするとかわされる。身体に触ろうとしても「あとでね」と言われる。もちろん、即ベッドもなし。ちょっと寂しい。

もっとも、マットで一発済ませたあとはベッドへ。ここでは上にしたり下にしたり表にしたり裏にしたりしても厭な顔ひとつ見せずにちゃんと応じてくれる。ええもう、いろんな体位を試させていただいて、最後は正上位でドビュン。二発しっかり決まりました。

別れ際はキスをせがんできたりして、可愛い。

出だしを、彼女の誘導する流れに乗れれば文句なし。自分で流れを作ろうとすると、うまくいかない。彼女と仲良くしたいなら、すべからく前者にすべしってことだな。

終電に乗り遅れ、タクシー代を一万円以上も払うはめに。なんのために割引してもらったんだか。くそ。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年10月02日(Wed)▲ページの先頭へ
■町田「あっぱれ姫」、瞳、20:00〜、通常8,000円+指名料2,000円(?)を6,000円。

月曜日にオナニー4発、火曜日に2発と出し続けたが、悶々気分が収まらず、ちょっとキスをしに。

若くて可愛いい子で、その点は期待通り。
胸は大きからず小さからず、柔らかくて揉み心地満点。

ただキスが、舌を積極的に絡め、激しく動かしてくるんだが、サービスのつもりというより、防衛線を張っているように思えた。こちらの舌を中に入れさせてくれないのだ。

あまり濡れてこないため、指を入れようとしても奥まで入れるのが難しい。耳に触るのはいいけど耳へのキスはダメ、ほほずりも嫌そうだった。

まあ、21時過ぎに行ってこの値段であれだけの子が出てきたのだから、これ以上文句を言ってはバチが当たるか。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年09月29日(Sun)▲ページの先頭へ
横浜の店
吉原も新宿も遠いので、横浜でも行ってみるかと「横浜 ソープ」で検索をかけたら、パンパシのイアン・ソープが山ほど引っかかった。これは笑えた。同じように検索して「あちゃー」と叫んだ人がきっと何千人(推定)もいたのでは?(苦笑)

横浜駅西口唯一の店に直接行ってみたところ、80分33,000円を30,000円でよいと。ちょっと予算オーバー。それに80分だと時間も終電までギリギリだったのでやめた。でも出したかったからビデオ屋へ。むなちい。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年09月20日(Fri)▲ページの先頭へ
もえ
■新宿「ぴあ」、もえ、値段……忘れた。10,000円くらい?(45分)

久しぶりのヘルス。新宿で、この手の店にお気に入りの子を見つけておくと何かと便利なので、新規開拓。

待合室で写真を見ていて、この子なんかいいナと思った子についた。ラッキー! と思ったが、偶然ではないのかも知れない。フリの客には評判のいい子をつければ、再訪の可能性がぐっと高まるからね。

この子、よくわかってるゥー! としみじみ思ったのは(店の方針なのだろうが)、こちらの身体に触ってくる。服を脱がす時も、シャワーに案内する時も、身体を洗う時も、すぐに手をつないでくるし、そうでない時もこちらの身体のどこかに触れている。

これはとても嬉しいし、ドキドキすることだ。そう、こっちは女の子にキスをして胸を揉んであそこに指を入れるためにこういうところへきているのだが、胸を揉んで指を入れればいいってもんじゃない。手を握ることの方がよほど嬉しかったりするのだ。

素股というのを初めて体験。思ったより悪くない。でもやっぱりここまできたら入れたいネ。

(2002/10/13記)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年08月23日(Fri)▲ページの先頭へ
上原さん
■吉原ソープランド「エジンパラ」、上原、25,000円(90分)

写真では美人だと思ったが、実際に会ってみると、かなりのおばさんであった。まあ、それなりに愛想はよく、サービスもまずまず。悪くはなかった。
(2009/09/06記)


2002年08月14日(Wed)▲ページの先頭へ
杉本さん
■吉原ソープランド「東京夢物語」、杉本、25,000円(90分)

おへそにピアスをしていた。初めて見た。驚いた。
(2009/09/06記)


2002年08月08日(Thu)▲ページの先頭へ
初めての東京夢物語(小室)
■吉原ソープランド「東京夢物語」、小室さん、90分25,000円。

スターシップもいいけれど、他の店はどうか、と思い始めていた矢先に「東京夢物語」の週刊誌広告が目に留まる。高級店並のサービスがキャンペーン中にて通常(50,000円)の半額で、という惹き文句に加えて、今では正確に覚えていないけど、生できる子多数、というような意味のことが書いてあったんじゃないのかな。いや、広告にそんなことを書くわけないか。日刊ゲンダイの紹介記事かなにかで、そういう店だということは頭にあったのかな。(この記事は2009年に書いている)

小室さん、という名前はメモが残っているが、どんな子だったかまるで記憶にない。後日会った小室さんとは別人のはず。今の小室さんはさらに別。ただ、スターシップから鞍替えして通うようになったのだから、印象は悪くなかったはずだ。

Dream Groupは「東京夢物語」のほか「エヂンパラ」「プリマドンナ」「クラブ夢」「トレンディ」と5店舗経営しており、女の子の在籍数が豊富。総額25,000円という金額はこれまで経験のある店とあまり変わらないが、これまでの店は60〜70分だったことを考えるとかなりお徳感がある。

基本は即尺即ベッド。スターシップでもやってくれる子はいたけど、これは一応高級店のサービスということになっている(らしい)。また、NS対応の子の数も多い。そういう意味では「高級店並のサービス」という謳い文句はあながち間違いではない。

かくて「東京夢物語」、というよりDream Groupの店へ通う日が続くことになる。それは今でも続いている。

(2009/09/03記)


2002年06月27日(Thu)▲ページの先頭へ
たま、再び
■吉原「スターシップ」、たま、25,000円(70分)


二度目、といってもたった二週間ぶりだけどネ。マットを練習したというので初トライ。下手だったけど、健気だ。

(未発表メモより)


2002年06月20日(Thu)▲ページの先頭へ
樹(いつき)姫
■町田「あっぱれ姫」、樹(いつき)、18:00〜20:00、通常7,000円+指名料2,000円を3,000円割引で6,000円。


久しぶりにピンサロ行ったけど、悪くなかった。

写真指名した時はたいして期待していなかったんだが、本当に若くて可愛い子だったから驚いた。最近はこんな子がピンサロにいるのか?

一席のスペースも結構広かったので、動きやすく、触りやすかった。

ニコニコして感じのとてもいい子だったし、どこから来たの? とかお仕事は何? とか余計なことをしゃべらないのも良かった。まあ時間が30分だからしゃべっている暇はないんだがな。

何度も心行くまでキスさせてくれたし。これがまた唇が柔らかくて気持ちいかったです。胸がもちょっとあるということなかったけど。

「抜く」作業自体はちょっと厭ですね。もともとフェラじゃいけないし。手でするっつっても、女の子の手コキって「わかってない」から下手だしな。結局胸を触ってもらいながら自分でやって口で受け止めてもらった。

出すのが目的のような店だけど、どちらかというと、出しても出さなくてもいいから、あれだけキスさせてくれるならいいよって感じ。キスしたくなったらここへ行くか。値段も手ごろだし。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年06月13日(Thu)▲ページの先頭へ
たまちゃん
電話したら、先日チェックしておいた松坂さんもあかねさんもいないというので、どうしようかと思ったが、新人の子がいるというので、試してみることにした。

ラッキーだった。こういう子を求めていたんだ!
顔は可愛いし、何より若い。21歳だといっていたけど、どうも吉原年齢ではなさそうだ。

風俗初めて、接客も僕が初めてだという。
テクはなく、もたくさしているけど、キスは嫌がらないし、主導権もってやらせてくれるし、却って良かった。
最後のベッドでは、ちょっとはサービスしろよとは思ったけど、サービスっていうとフェラのことだと思っているのも困るし。

まあ、腰回りがもう少し引き締まればいうことないんだけどな。この仕事は肉体労働だから、しばらく続けていれば変わってくるかな。

いっちゃナンだが、初めての相手が僕でよかったんじゃないの。向こうも僕を覚えていてくれるといいんだけど。

■吉原「スターシップ」、たま、25,000円(70分)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年06月05日(Wed)▲ページの先頭へ
ミルク
何度か電話しても休みだったミルクさんの出勤日にぶつかったので、今日こそと思いでかけていった。写真を何度見ても可愛いかったし、なんだか妙に期待している自分に気付く。

前の晩に風呂に入れなかったため、自分でも気持ち悪かったので、いったん家に帰ってシャワーを浴びて着替えることにした。即尺即ベッドの店なんだから、あらかじめシャワーを浴びておくのが礼儀だよね、と誰のサイトだか忘れたが、ソープ嬢のテキストにあったのを思い出し、歯も磨いてから向かった。急いで言ったら、首都高速のジャンクションで道を間違え、羽田から横浜方面まで行ってしまったし、慌てて引き返してもう少しで入谷だあというところで大雨が降り出し、少々怖い思いもしたが、なんとか10分ほどの遅刻で済んだ。

さて、初対面のみるくさんは、確かに写真通りのイメージの子だが、年齢は相当違う。写真ではしわを消したのか? 身体も思ったより太めだ。まあ太目は嫌いではないのだが、肌にたるみも見える。麻里さんを見習え!

大変な思いをしてわざわざシャワーを浴びていったのに、即ベッドはなし。ベッドに腰掛ける時、かなり離れて座る。椿さんを見習え!

この子もおしゃべりが多い。
家はどこだの、仕事はなんなのと、あれこれ詮索されているようで答えに詰まる。
「二回できる? ダイジョウブ?」とか、しつこいし。みなみちゃんを見習え!!

それに、何かと不平不満が多い。
「この店、70分でベッドとマットと両方あるんだよ、もう忙しくって。普通、どちらか一方だよ」
 だからスターシップにきてるんだろ。でも、別に珍しくはないでしょ。
「お客さんからも、90分3万円だったらいいのにね、ってよく言われる。そう思わない?」
 そう思う人は延長すればいいじゃんか。
「裏にある店は同じ70分で18000円だよ。そっちの方がいいと思わない?」
 安けりゃいいってもんでもないしねえ。
「でも、その店も別にそれほど流行っているわけじゃないって」
 そりゃそうでしょ。
「あー、今日は暇だったなあ」

だったらもっとサービスしろよ! 写真指名したってことは、それなりに脈はあるってことだろ。この人が次に来た時は、なんとしてもまた指名してもらおう、と思ったら、もう少し違った態度があると思うんだが……。とにかく、機械的にこなしているような印象だった。でも、お互いに人間なんだからさ。

いや、別に悪いばかりではない。
マットの時に、袋の裏の性感帯に気付いてくれたのか、そこを集中的に攻めてくれたのは良かったし。
バックも嫌がらなかったし。(バックでいイくのは珍しい)
久しぶりの69だったので、ゆっくり見て触れたし。

帰りに写真を見せてもらったら、すずさん、柏木さんがいなくなっていた代わりに、新しい人が何人か入っていた。もう少し試してみるか。

■吉原「スターシップ」、ミルク、25,000円(70分)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年05月21日(Tue)▲ページの先頭へ
かなめ
■ソープランド阪神、かなめ、25,000円(確か)

大阪にはソープランドはない。が、大阪からすぐのところにある、というのを以前何かで見て覚えていて、出張の際に言ってみることに。事前に調査してくる余裕がなかったので駅で日刊ゲンダイを購入したところ、ちゃんと載っていた。(あとから思うとこれはラッキーだった。翌日には載っていなかったからだ)

少々道に迷ったが何とかたどりつく。セリーヌのことなどを考えるとちょっと高いかとも思ったが、過当競争の吉原と比べても無理があるだろう。

かなめさんは歳は30代の……ううむ、真中くらいでしょうか。身体もまあまあ、態度もまあまあ。マットで入れるだけ入れさせてもらって、あとはベッドで一発。

当然、ゴム付だったのだが、なんと、これまでと違って、ゴムを付けても、痛くもなければ引っ張られる感じもなく、無事にイタすことができた。これにはびっくり。思わず二個ほどもらってきたが、彼女によれば大きさがLサイズのものを使ったという。僕の場合、普通サイズではそりゃ痛いでしょう……とのことだった。

一般のコンビに薬局なんかでは普通サイズのものしか置いていないようだが(僕は見たことがない)、世の中にはLサイズ、LLサイズとあるらしい。今度入手しておくかなあ。使用感があんなもんだったら、何も生にこだわることないもんなあ。

帰りがけにボーイさんから、かなめさんは指名No.1なのだと言われた。今日はたまたま空いていたのでラッキーでしたよ……と。そういわれて悪い気はしないが、もしそれが本当なら、よほど若い子がいないんだな。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年04月27日(Sat)▲ページの先頭へ
セリーヌ
■新宿「ニューグランド」、セリーヌ、20,000円

新宿で朝を迎えたので、久しぶりの指名。

抱きしめてキスして胸をまさぐりながら服を脱がしていく。そのままベッドに押し倒したら、「私だけ脱がしてズルイ……あなたも……」というので、服を脱いでそのまま即ベッド。

これまでは、服を脱がし終わったところでそれ以上に進もうとすると、「まずはお風呂に入りましょう」などとはぐらかされたが、ようやく即ベッド成功。まずは猛り狂ったものを静めてもらわないとね。あとはゆっくりマット→ベッドで二回戦。ひさびさにすっきり満足した。

顔立ちはやっぱりふけているよな。それに会話も(話題やしゃべり方が)年輪を感じさせるし、肌がきれいとはいってももう40代くらいなのかも知れない。

しかし、どのような体位も嫌がらず痛がらないのがいい。あそこの相性もいいような気がする。こういう子、いそうでいない。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年04月12日(Fri)▲ページの先頭へ
椿
■吉原「スターシップ」、椿、25,000円(70分)

出張帰り、我慢できずに店へ。麻里さんはひとまずとっておくとして、次に目をつけていたミルク、柏木さんともに休みで、どうしようかと思いつつ一応名前を控えていた椿さんを指名。

結果的にはかなり良かった。

あまりしゃべらず、それよりこちらの身体をさわったり抱き着いてきたりするのに時間をかける。この子も24歳というのは嘘だろうと思うが、まあそれは良い。胸は小さめで身体の線もやや崩れた感じだが、なぜかソソる。理由は説明できない。性格なのかも知れないし、妙に白い肌なのかも知れない。舌足らずな広島弁かも知れない。

セックスが大好きという態度だったのも面白い。身体をあれこれ触ると、「ああ、もう入れたくなっちゃった」とか言うのだ。

普通、こういう立場の人は客をイかせるのが目的なわけだが、椿さんは自分がイきたがる。終わっても「もっと」などと腰をすりつけてくる。それも演技なんだろうが、キャラの立て方が印象的だったのだ。こういうのは悪くない。ただまあ、それでも二回はできなかったけどね。

顔は、申し訳ないが美人とはいえない。少なくとも好みじゃない。

そういえばパイパンだった。これは初めての体験。聞いたら、自分で抜いたのだそうだ。

話のタネにはいいけれど、あまり気持ちのいいものじゃない。もっとも、そうした感想は持ち主によっても変わるだろうけど。もっと若くて可愛いロリタイプの子だったら、別の感想を持ったかも。

(2002/11/18記)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年03月20日(Wed)▲ページの先頭へ
麻里
■吉原「スターシップ」、麻里、25000円(70分)

写真で一番美人だと思った麻里さんを指名。会ってみたら写真のイメージとはだいぶ異なったので驚いた。が、まあ美人には違いない。

スタイルも最近ではぴか一。少々太めだが、健康的な大根足という感じ。聞いたら、やはりスポーツをやっているという。単純な数値(ウエストサイズとか)ではなく、スポーツで引き締まっているのがいい。

23歳というのはちょっと7〜8歳サバ読んでいるんじゃないかと思うが、それはまあ許そう。もちろん生。マットのテクニックもなかなか。

しかしナンだなあ。すごくいい女で、モデルでも十分通用するんじゃないかと思ったくらいだが、なんというか、いまいちソソらない。

ひとつ注文をつけると、おしゃべりなんだ。ひっきりなしに、元気よくしゃべる。

確かに、ある程度間を持たせるためにも、親しさを醸し出すためにも、会話はある程度重要だ。でも、おいらはおしゃべりをしに来ているわけじゃないんだ。そんなことより、隣に座って寄り添ってきたり、手を握って目を見てうっふんみたいな顔をしたり、といった方がよほど嬉しい。

だいたいエッチの時は(その瞬間だけでなく、前後も含めて)頭が理性的になっていない。しかし、ある程度内容のある会話は頭が理性的でないとできない。だから話し掛けられると現実に戻ってしまう。

キャバクラ嬢だったら最高なのかも知れない。身体はナイスバディだから、胸元のあいた服とかミニスカートとかは目を釘付けにするだろうし、明るくて話好き。会話もはずみ、人気も出るだろう。

次に指名するかどうか、迷うところだ。どちらかというといっしょに飲みに行きたいよ。こういう人、好きなんだけどね。

帰りがけに再度写真を見せてもらう。なるほど、確かにこの子だわ。でも雰囲気はかなり違うな。
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年02月21日(Thu)▲ページの先頭へ
みなみ
■吉原「スターシップ」、みなみ、25000円(70分)

写真で一番可愛いと思ったすずさんを指名しようと思ったが、休みとのことで、二番目のみなみさんを。

写真のイメージとはちょっと違ったが、可愛い子だった。ただ、生がダメというのが期待外れ。えっ、この店って全員生OKなんじゃないの? と思ったが本人がダメだというので仕方ない。

それでもゴム付で一回はイったので、ああ付けても出来る時は出来るんだなあと妙にほっとした。

いい子だと思う。マットはあまりうまくなかったけど、まずまず若いし、それに何度も入れさせてくれようとする。これは評価すべきだ。残念ながら二度目以降はイケなかった。それにゴムをつけたり外したり、痛いしうっとおしい。

しかしまあ、生でヤルことだけを考えて行ったから、「期待外れ」という印象しか持てなかった。

終わった後、アンケートに「生でなかったのが残念」と書いたら、ボーイさんに「生でできる子はこちらです」と教えてもらった。なんだよ、それを先に言ってくれえ。すずさんもダメじゃんよ。

(2002/10/22記)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年01月18日(Fri)▲ページの先頭へ
やよい
■吉原「スターシップ」、やよい、25,000円(70分)

生でやらせてくれる子はいないかな……と思っていた矢先に、日刊ゲンダイに紹介が載り、どうもそれらしいことが書かれていたため、信じて行ってみる。結果的に当たり。

三枚ほどの写真を見せられたのだが、「この子だったらすぐですよ」「人気ありますよ」などと言われて薦められるままにやよいちゃんを選ぶ。

吉原流? の即ベッドにも戸惑ったが、ごく自然に生で入れさせてくれたのでビックリ。ほほー。

顔はまあまあ、体格はちょっと太め、気立てはすごく良くてしっとりした雰囲気。いい感じでした。

帰りに、店の子の写真を見せてもらう。好みの子の名前をひそかにメモ。

(2002/10/21記)
(エンピツ「風俗嬢との交際日記」より転記)


2002年01月17日(Thu)▲ページの先頭へ
あおい、あい
■横浜、花子、あおい、あい、20,700円+タクシー9,220円

前回のゆうかちゃんが不在だったがあおいちゃんが楽しい子で、30分で帰るつもりがつい延長に。今日はいろいろあったから自分に贅沢を許してしまったが、しょっちゅうこんなことをやっていたら金が続かんな。

あいちゃんは肌を露出させることをとても恥ずかしがり、最初はオーバーを着ての接客(ボーイさんに注意され脱いだが……)。構わず手を握り腕に触り肩を抱く。可愛い子と肌を接するのは快感である。しかし中途半端さも否めない。

こうしたことから店外デート、そしてホテルへ……を夢見てはまっていくのかも知れない。
(未発表メモより)


2002年01月16日(Wed)▲ページの先頭へ
けいこ
■町田、プライベートルーム、けいこ、3500円くらい

怪しげな看板があったのでどんなところかと不安と期待があったが、隣の席に女の子が座るだけのもの。特にミニスカートというほどでもないし、手を握ってくるわけでもない。なあんだと思ったけど金額も予想よりずっと安かったので、そんなものかと。
(未発表メモより)


2002年01月07日(Mon)▲ページの先頭へ
ゆうか
■横浜、花子(クラブ)、ゆうか、8,600円

どんなところか不安と期待があったが、思い切って入ってみる。金額はちょっと高かったが、楽しく飲めた。

ついてくれた子が、携帯の番号を教えてくれて、今度デートしようと誘われた。え、こうして話し相手になってくれるのが商売なんでしょ? いつでも携帯に電話しちゃっていいの? 意図がよくわからない。まさか一回会っただけで僕のことを気に入ったとかいうわけでもないだろうし。
(未発表メモより)


   


作者:とも(tomo_2062★mail.goo.ne.jp)

新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2002年12月
       

アーカイブ
1980年 (1)
1月 (1)
1982年 (1)
7月 (1)
2001年 (7)
1月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2002年 (30)
1月 (4)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (4)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (5)
2003年 (30)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (6)
9月 (5)
10月 (3)
11月 (1)
2004年 (5)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
2005年 (4)
9月 (1)
10月 (3)
2007年 (89)
5月 (4)
6月 (12)
7月 (16)
8月 (10)
9月 (13)
10月 (14)
11月 (7)
12月 (13)
2008年 (83)
1月 (18)
2月 (19)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (5)
6月 (13)
7月 (1)
8月 (13)
9月 (3)
10月 (2)
12月 (3)
2009年 (62)
1月 (11)
2月 (5)
3月 (5)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (20)
10月 (10)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (4)
1月 (1)
4月 (2)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:13
昨日:18
累計:429,557